悖る(もとる)

悖るとは、道理に反することです。世の中には、たくさんの人がいます。人は国によって慣習も違えば、考え方や思想、体格も違います。また、同じ国だとしても人によってそれぞれ考え方が違ってくるものです。だから良い行いをする人もいれば、当然悪い行いをする人もいます。そんな悪い行いをする人を表す言葉として悖るは使われることがあります。今回は、そんな悖るという言葉について見ていきたいと思います。

[adstext]
[ads]

悖るの意味とは

悖るの意味は、道理に反することです。道理とは、人ととして行うべき正しいことのことを指します。覚えておくと使うときに役に立つと思います。

悖るの由来

悖るの由来は、戻るという言葉にあると言われています。もともと発音が似ているため、戻るが悖るになったという考えです。戻るには、移行しているものの逆向きに働いてもとの状態に戻るという意味があります。そこから転じて悖るは、道理に反するという意味の言葉として使われるようになったと考えられています。

悖るの文章・例文

例文1.悖る行為をしてしまった彼は罰を受ける定めである。
例文2.人道に悖る行為を行ってきたことの罪滅ぼしをするべきである。
例文3.一般的な倫理感が欠けている彼女は悖る行為を平気でする。
例文4.人を傷つけることになんの抵抗もない彼は、人道に悖る発言をよくする。
例文5.悖ることをしないようにと厳しくしつけを受ける。
これらから悖るという言葉は、道理に反する様子を表すのには最適です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

悖るの会話例

  • 質問者アイコン

    彼は、平気な顔をしてよく人に嘘をついたり、裏切ったりするから信用できないよ。

  • 回答者アイコン

    確かに僕もそう思うよ。初めはそんな人ではないと思っていなかったから凄く残念だよ。

  • 質問者アイコン

    本当に残念だよね。人道に悖る行為をしていると人からの信頼を失うからね。

  • 回答者アイコン

    そうだね。今後、彼が考え方を改めてくれると嬉しいよ。

これは、人道に悖る行為を働く人について話している様子です。

悖るの類義語

悖るの類義語には、「内部告発」「離反する」「叛く」などがあります。

悖るまとめ

人の信頼というものを得る事はとても難しいですが、信頼を失うことはとても簡単です。人道に悖る行為を働けば、多くの人の信頼を失うことだと思います。また、時に悖ることは他人を傷つけてしまうこともあります。だからこそ、そのようなことがないようにできるといいと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事