恐喝している様子

恐喝(きょうかつ)

よく「お金を払わないとどうなるか、わかってるよな」というように相手に恐怖させて金品を巻き上げる行為のことを恐喝と言います。いじめなどにおいて、こうした行為が露呈することが多く、また「おやじ狩り」などといった行為もあることから巻き込まれやすい犯罪であることが言えます。
しかし、この罪に対しても刑は決して軽くはないので軽い気持ちではしないほうが得策です。それでは、その意味について詳しく見てみましょう。

[adstext]
[ads]

恐喝の意味とは

恐喝の意味とは、相手の弱みなどにつけこんで脅すことや、おどして金品をゆすり取ることを指します。恫喝とは異なり、相手の弱みにつけこむかどうかが異なってきます。

恐喝の由来

恐喝を行うと恐喝罪に問われます。この刑は非常に幅が広く、10年以下の懲役に処せられます。場合によっては執行猶予などもありますが、犯行内容が悪質と判断された場合には実刑判決になるでしょう。

恐喝の文章・例文

例文1.遺産相続をめぐって、親族に恐喝されてしまった。
例文2.恐喝は日常的にあふれているので注意したほうが良い。
例文3.恐喝罪に問われてしまったら、実刑判決を覚悟したほうが良い。
例文4.恐喝罪によって刑務所送りにならないためには、示談を成立させたほうが良い。
例文5.恫喝と恐喝はよく似ているが意味が異なる。
恐喝されてしまい、お金を巻き上げられないように危ないところには近づかないようにしたいですね。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

恐喝の会話例

  • 質問者アイコン

    すまない、親友だと思っていた奴にお金を巻き上げられてしまった。

  • 回答者アイコン

    それって恐喝じゃない!!警察にはいったの?いくらぐらいしたの?

  • 質問者アイコン

    ことを大きくしたくないんだ。警察には行けない。まだ、僕の貯金だけで足りるから大丈夫だ。もうそいつにも近づかないようにも行ったから。

  • 回答者アイコン

    そんなことが信じられると思うの?あなたはそうやって私には秘密ばっかり…もういやよ。別れましょう。

恐喝によってお金を巻き上げられる場合、その恐喝された側にもなにか問題がある場合もあります。

恐喝の類義語

恐喝の類義語として、「恫喝」「脅迫」などが挙げられます。

恐喝まとめ

よく、ヤンキーなどがこの恐喝をしているイメージがありますが、相手の弱みに付け込んで金品の要求をしている人はこの恐喝罪に当たる可能性があります。
相手が自分の要求に応じない際に恐喝する手段として言葉だけでなく暴行が行われた場合には強盗罪にあたります。こうして、恐喝や恫喝された場合にはきちんと法があるため、泣き寝入りをしないように弁護士に相談しましょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事