快進撃を続ける人たち

快進撃(かいしんげき)

「快進撃」この後ろの2文字は社会現象を巻き起こした某巨人が沢山出てくるコンテンツで非常に有名ですよね。
「勢いよく勝ち進む」ことを表した言葉となっています。
今回はそんな「快進撃」という言葉について、深く掘り下げていきたいと思います。

快進撃の意味とは

快進撃とは、この言葉の前や後に続ける表現を付け加えた形で「快進撃を続ける」、「向かうところ敵なしの快進撃」といった書き方で一般的に表される言葉になります。
主にスポーツで連戦し続けている選手や、ライブアーティストの動員数が上り調子である時、その状況を表すような言葉として用いられます。

快進撃の由来

快進撃というこの言葉は、「快」という胸がスカっとするような気持ちのよさを表した言葉と、軍の勢いを進めて敵を撃破する、積極的な攻撃姿勢、競争しながら前へと突き進む「進撃」という言葉から成り立っている言葉であるため、この言葉は戦争が行われていたような時代には既に用いられていたのではないかと一説では考えられています。

快進撃の文章・例文

例文1.破竹の快進撃。
例文2.彼女のスポーツ団体が怒涛の快進撃。
例文3.快進撃続き。逆に怖くなる。
例文4.ずっと快進撃を続けていた彼だったが、ある時何かがきっかけでそれが止まった。
例文5.どうすればこの快進撃を維持したまま目標にしているところまで辿り着けるか。

慎重な性格の人ほど、快進撃が続くと逆に不安になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

快進撃の会話例

  • 質問者アイコン

    佐藤さん、昨日自分が応援している野球チームが快進撃を続け、ついに優勝したんです!

  • 回答者アイコン

    おめでとうございます!なんてチームなんですか?

  • 質問者アイコン

    「進撃のドラベース」です!

  • 回答者アイコン

    なんかごちゃごちゃしてますね!

気持ちのいい語感を持つこの快進撃という言葉はやはり運動などの連勝に用いられる機会が多い言葉と言えるでしょう。

快進撃の類義語

快進撃の類義語としては、「上り調子(ノボリチョウシ)」「右肩上がり(みぎかたあがり)」などの言葉があります。

快進撃まとめ

快進撃、そんな状況人生で1度でもいいから経験してみたいものですよね。
今の状況が快進撃そのものの人であれば、そもそもこんなこと気にする必要もないことではありますが、仮に快進撃と言えない人であっても、人生というものは生きているかぎりリトライできるゲームです。
諦めずに生きていく。その精神で生きていこうとしさえすれば小さな「快進撃」はそこから始まっているのかもしれませんよ。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事