応仁の乱をイメージしたイラスト

応仁の乱(おうにんのらん)

日本の歴史、戦国時代について深く勉強をした事はありますか。「応仁の乱」は日本史の中でも最も人気がある戦国時代の幕開けとなった戦いと言われています。「応仁の乱」をあまりご存知ではない方も興味が湧いてきましたよね。今回はそんな戦国時代の幕開けとなった「応仁の乱」についての意味などを詳しく解説していきます。

応仁の乱の意味とは

「応仁の乱」とは、室町時代の応仁元年に発生し、文明9年までの約11年間にわたって継続した内乱の事を指します。

応仁の乱の由来

応仁の乱は、応仁元年に発生したことから応仁の乱と呼ばれていました。別名で応仁・文明の乱とも呼ばれる事もあります。

応仁の乱の文章・例文

例文1.応仁の乱は、室町時代から数十年間にわたって発生した内乱です。
例文2.1467年から始まった応仁の乱で近江国へ逃れる。
例文3.御霊合戦は応仁の乱の前哨戦となり、応仁の乱発祥の地とされています。
例文4.京都の西芳寺は応仁の乱で焼失しました。
例文5.室町時代には応仁の乱で荒廃したが、一休宗純が復興しました。
「応仁の乱」に関する一般的な例文です。

応仁の乱の会話例

  • 質問者アイコン

    最近社会の授業で習ったんだけど〇〇くん、応仁の乱て知ってる?

  • 回答者アイコン

    もちろん知ってるに決まってるじゃん!室町時代の応仁元年に発生した戦いでしょ?戦国時代の始まりとも言われていてかなり有名だよね。

  • 質問者アイコン

    そうそう!室町時代の応仁元年から数十年間戦いをするって信じられないよね。そんなに長く戦いしてたら精神的にも辛そうだよね。

  • 回答者アイコン

    だろうね。しかもその数十年の戦いで収束したけど、主要な戦場となった京都全域が壊滅的な被害を受けたらしいから相当大規模な戦いだった事が分かるよね。

「応仁の乱」に関する一般的な会話です。「応仁の乱」は日本人にとっては一般常識な言葉なので必ず覚えておくようにしましょう。

応仁の乱の類義語

「応仁の乱」の類義語には「文明の大乱」や「室町時代」「足利義政」などが挙げられます。

応仁の乱まとめ

「応仁の乱」がどのような戦いでなぜ「応仁の乱」という名が付けられたのかお分かり頂けたでしょうか。
「応仁の乱」は解説の通り室町時代から数十年間の戦いのことを指します。これだけでも相当な大規模な戦いであることが分かることでしょう。日本の歴史の中では様々な戦いがあり調べていくと、一つ一つの戦いにそれぞれの時代は背景や権力争うがありとても面白いです。この機会に日本の歴史について深掘りしてみてはいかがでしょうか。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事