微レ存可能性がある宇宙人

微レ存(びれそん)

この言葉、非常に長い言葉の略称となっているため、わからない方には全く検討が付かない意味を持った言葉であることと思われます。
「微粒子レベルで存在している」という意味を表したネットスラングです。
この意味まで書いた上で多くの方が気になるであろうと考えられるのは、なぜこのような言葉が生まれたのか、という点ではないでしょうか?そこを含めてこの「微レ存」について今回は解説したいと思います。

微レ存の意味

この微レ存という言葉は「微粒子レベルで存在している」という言葉の略称となります。極めて可能性は低いものの、完全なゼロではない。そういったもの、状況に対して当てられるユニークワードとして用いられるネットスラングとなっています。

微レ存の由来

この微レ存という言葉の元となったものとして有力なものとしては2008年の1月。2ちゃんねるという電子掲示板上における、やり取りの過程で生まれた言葉であるとされています。
とある同性愛者向け映像作品の中でのやり取りをテーマに書き込みをしていく過程で、突如一方がこの言葉を用いり、この略称の意味を即座に理解することができたもう一方が「微粒子レベルで存在している?!」と返したことで、この意味と略称が定着したものと考えられます。

微レ存の文章・例文

例文1.私は超能力者である可能性が微レ存。
例文2.私と彼の関係が修復する可能性は微レ存。
例文3.今回のテストで100点を取れる可能性は微レ存だ。
例文4.微レ存という言葉は変換キーを押しても出てこない。
例文5.スカイフィッシュと雪男が実在する可能性は微レ存。

微レ存という言葉を別の表現に置き換えるならば「ごく僅か、ほんの少し」といった言葉が適切なものとなります。

微レ存の会話例

  • 質問者アイコン

    佐藤さんはUMAの存在、信じていますか?

  • 回答者アイコン

    可能性は微レ存だと思いますね。

  • 質問者アイコン

    私はいた方が面白いので、絶対いると信じていますけどね。

  • 回答者アイコン

    まあそこは同感ですね!

微レ存という言葉は主にその前に「可能性」という言葉が付けられる形で使われる言葉になります。

微レ存の類義語

微レ存の類義語として「ごく僅か(ごくわずか)」や「ほんの少し(ほんのすこし)」といった言葉が挙げられます。

微レ存まとめ

微レ存というこの言葉、一般的に浸透している言葉ではないため使う機会自体が微レ存ものだと思われますがこのように、「微粒子レベルで存在している」という意味さえ理解してしまえば意外と使いづらい言葉であることもないため、この記事をご覧になった方も最初は鳩が豆鉄砲を食らったような顔でその言葉どういう意味?と質問されることになるとは思いますが、この微レ存という言葉を1度使ってみてはいかがでしょうか?
と、書いたところで実際使う方もきっと微レ存だとは思いますが。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事