強迫観念にかられる女性

強迫観念(きょうはくかんねん)

「強迫観念」は、今ではノイローゼや精神神経症の一つとして認められています。現代社会ならではの病でもあり、傍目には健康そうに見えても、当の本人は苦しんでいるのが厄介な点ですよね。例えば、部屋を何度も掃除したり、手を何度も洗ってしまう。これらが常識の範囲を越えてしまうと段々と苦しくなり、仕舞いには日常生活を送るのすら難しくなっていきます。言葉としては誰もが聞いた事がある「強迫観念」ですが、健康な人は詳しくは知らないものです。そんな人にも分かって欲しく、詳しく調べてみました。

強迫観念の意味とは

「強迫観念」の意味は以下の通りとなります。
(1)自分の意志では抑えられない精神的な症状、障害の一種。不安や不快のイメージを取り払う事が出来ず、長期的に苦しむ現代ならではの病。
(2)ばかばかしいと理解はしていても、それが常に頭から離れず本人を苦しめる精神疾患で、カウンセリングが有効とされるが、症状が重くなると薬物治療や入院となる。
(3)「強迫観念」と「強迫行為」からなるのが「強迫性障害」で、かつては「強迫神経症」。
「強迫観念」は扱いが難しいですが、今では精神的なメンタルヘルスで扱われる精神疾患の一種となります。正式には「強迫性障害」に含まれる症状の一つが「強迫観念」で、もう一つが「強迫行為」です。「強迫性障害」とは、自分ではどうしようもない精神的な苦しみで、意志に反して不安や不快を煽るイメージが浮かんでは消えそれをコントロールできないので、自らで抑えようと無意味な行動を繰り返します。この中で「強迫観念」は精神的な苦しみやイメージが浮かぶ事で、「強迫行為」が抑える為の無意味な行動です。この「強迫観念」を含めた「強迫性障害」が難しいのは、軽度の者なら現代人の多くがかかっている可能性が高いからです。例えば、電車のつり革は絶対に触れない、人が作った料理は食べられない、マスクがないと外出出来ない等は、本人は無意識ですが、実は「強迫観念」や「強迫行為」によるものです。この程度なら、日常生活で支障がないのも事実ですが、深刻になる前の初期症状とも見てとれます。これらの行為を”拘り”とも場合によっては判断できますが、徐々に生活において”拘り”が増えていくと、仕舞いには過剰な不潔恐怖や加害恐怖などに発展する恐れもあります。

強迫観念の由来

前述したように「強迫観念」は「強迫性障害」に含まれます。1994年以前は「強迫神経症」という病名でしたが、世界的に”神経症(ノイローゼ)”が使用不可の方向となり「強迫性障害」で統一されました。「強迫観念」をノイローゼまで遡ると、ノイローゼはドイツ語で”神経衰弱”という意味があります。現在はノイローゼも使われなくなっているので、強迫観念の元となる言葉をノイローゼとするのは賛否が分かれる可能性があります。

強迫観念の文章・例文

例文1.付き合い当初は明るく元気だったのに、結婚後は良い妻を演じる事に疲れたのか、次第に強迫観念に取り付かれるようになった。
例文2.強迫観念なのか、電車のつり革だけでなく、ボーリングの球や靴、カラオケのマイクなど誰かが使ったものは全てダメになった。
例文3.ダイエットと健康第一が生活の全てになり、お酒やお菓子が受け付けない体になった。多分、強迫観念なのだろう。
例文4.学生時代は強迫観念のように勉強ばかりして、今は弁護士になったが、青春時代の楽しい思い出は皆無で何だか最近は虚しさを感じる。
例文5.自宅に帰ると、何時は入浴、何時は食事ときっちり決まっている。この通りに進まないと気持ち悪いが、友人に話したら強迫観念だと笑われた。

「強迫観念」は程度の軽い笑えるものから、非常に重い症状まであるので、そのような例文となっています。

強迫観念の会話例

  • 質問者アイコン

    電車の吊革って触れますか?

  • 回答者アイコン

    えっどうしたのいきなり! 私はもちろん触れるよ。だって、立っている時は握っていないと危ないじゃない。

  • 質問者アイコン

    俺は、どうも苦手なんですよ。実は、席に座るのもズボンが汚れそうで嫌なんです。

  • 回答者アイコン

    それって、強迫観念なんじゃないの! そう言えば、手を洗う回数も多いよね。潔癖症とか言うけど、症状がエスカレートするから気を付けな。

潔癖症で強迫観念の疑いがある男性に、気を付けるよう忠告する会話です。

強迫観念の類義語

「強迫観念」の類義語には、「強迫性障害」「強迫行為」などの言葉が挙げられます。

強迫観念まとめ

「強迫性障害」に含まれる精神的な症状が「強迫観念」です。”観念”というので、頭の中が不安や不快な想像によって苦しめられます。軽い程度なら日常生活を送れますが、酷くなると入院や薬物治療となるほどです。代表的な「強迫観念」は、手が汚れていると潔癖になったり、戸締りなどをきちんとしたか気になる、日常生活における順番行為、数字や物などへの執着や拘りとなります。これらが異様に気になるのが「強迫観念」で、実際に何度も手を洗ったり、戸締り確認を何度もするなどが「強迫行為」です。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事