引越が難民が増えている

引越し難民

転勤や進学など色々な状況で、新しい住まいを探さなければならないことがあります。2018年春ころからボチボチ小耳に入ってきているのが、引越し難民という新キーワード。そもそも引越し難民とは、どのような状態を指しているのでしょうか。モヤモヤしがちな疑問に、ずばりお答えしたいと思います。

引越し難民の意味とは

引越し難民とは古い住居から新しい住居に、引っ越ししたいけれどもできない人のことです。引っ越しできない理由は色々あり、ひとつが「業者の人手不足で受注してもらえない」というもの。また人材不足により引っ越し代がかつて無いほど高くなっているため「あまりの高額請求に引っ越しを見合わせている」という人もいます。どちらにせよ、引っ越したくてもできない人を総称して引越し難民と呼んでいます。

引越し難民の由来

引越し難民はテレビやネットニュースなどの、マスメディアが作った造語です。2018年の春くらいからTwitterなどのSNS上で「新生活を送りたいけれども、引っ越し業者がなかなか見つからない」という悲鳴に近い嘆きが聞こえるようになりました。また業者が見つかっても「0がひとつ違うため、引っ越し代を工面できない」という辛い声も聴かれました。ネットユーザーの、切ない声から生まれたのが引越し難民です。

引越し難民の文章・例文

例文1.引越し難民にならないように、早めに業者と契約をおこなった
例文2.今年も引越し難民が、多数出る予定だ
例文3.退去日が迫っているのに、業者が決まらない。まさに引越し難民だ
例文4.引越し難民対策として、各業者は人材確保にいそいでいる
例文5.引越し難民を防ぐために、繁忙期をさけることにした
引っ越しする意思はあるのに、できない引越し難民。引越し難民があらわれる3月前後は、企業の人事異動・学生さんの進学ラッシュが重なります。社会の構造そのものを見直していくことも、引越し難民対策として必要かもしれません。

引越し難民の類義語

引っ越し難民に関連する言葉が、働き方改革と人手不足です。働き方改革の施行によって、たとえ繁忙期であっても1日に仕事ができる量が削減され、その結果1カ所あたりの業者さんが請け負える引っ越しの量が少なくなってしまいました。ブラックなイメージのある引っ越し業界では人材難が相次ぎ、その結果「引越し難民」が生まれる要因となっています。

引越し難民まとめ

引越し難民とは引っ越ししたいのに「契約できる業者さんがいない」「引っ越し代が高すぎて払えない」などの理由で、新たに住まいを移すことができない人を示しています。2018年問題になった引越し難民が今後どうなっていくのか…とても気になります。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事