引き篭もりになってしまった

引き篭もり(ひきこもり)

ありきたりな言葉かもしれませんが、生きている以上、誰にでも嫌なことや辛い体験の1つや2つはあるものです。そういう体験をしてどうしたいのか、どうなりたいのかが重要ですが、そういった経験がきっかけで他者との関係を持つことに抵抗ができてしまうことがあります。そうして学校や会社に行かず身内以外との人間関係を断ってしまうことを俗に「引き篭もり」と呼びます。では引き篭もりの定義とはなんなのか、どういった状態を指すのかについて解説していきたいと思います。

[adstext]
[ads]

引き篭もりの意味

引き篭もりとは、親族以外との人間関係を持たず、学校や会社に勤めていない状態のことを指します。また、引き篭もりとは言いますが、24時間365日自室から出ないわけではなく、コンビニに行くなどの必要最低限の外出しかしない状態も引き篭もりの定義に当てはまります。そうした人の大半は、学校でのいじめや会社でのパワハラなど対人関係が引き金となって引き篭もりになることが多いそうです。そして、中にはそこから社会復帰がしづらくなっていく場合もあります。

引き篭もりの由来

呼び方の由来としては、自宅もしくは自室からほとんど出なくなってしまうことからそう呼ばれるようになりました。

引き篭もりの文章・例文

例文1.隣のクラスの奴がいじめが原因で引き篭もりになったらしい
例文2.パワハラがきっかけで引き篭もりになってしまう
例文3.引き篭もりが長期化すると社会復帰が難しくなる
例文4.引き篭もりになってしまった知人を社会復帰させたい
例文5.引き篭もりにならないようにするためにどうしたらいいだろう
基本的にマイナス印象ではありますが、何かしらのきっかけがありますし、当事者自身が悪いとは一概には言えません。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

引き篭もりの会話例

  • 質問者アイコン

    隣のクラスで長い間いじめがあったらしいよ。

  • 回答者アイコン

    全然知らなかった!
    それで当事者はどうなったの?

  • 質問者アイコン

    先月から学校に来なくなって、引き篭もりになっちゃったらしいね。

  • 回答者アイコン

    なんかかわいそうだね。何かできることがあるといいけど。

引き篭もりの状態というのは、日常のちょっとしたことがきっかけで陥ってしまう状態です。

引き篭もりの類義語

近しいニュアンスの言葉としては、「ニート」や「無職」といった言葉があります。

引き篭もりまとめ

引き篭もりという言葉に関して解説をしてきましたが、この言葉は決して他者を揶揄するためのものではありません。日常生活の中にたまたま生まれたマイナス要因がきっかけとなっただけで、誰にでも起こり得る可能性があります。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事