引き寄せの法則で物事を考える

引き寄せの法則

だれでも同じだと思いますが、自分の身の回りには良いことが起こってほしいし、悪いことは起こってほしくないと思っているはずです。これに関連した法則があり、「引き寄せの法則」というものがあります。この言葉の意味や由来を解説していきます。

引き寄せの法則の意味とは

この法則は、「自分の身の回りに起きる事は、自分がそう思ったから起きている」という考え方で、悪いと思ったことには悪い出来事が起こるし、楽しい事を望めば楽しいことが起こるという物です」もちろんこれだけだとスピリチュアルに捉えられてしましますが、思ったことや考えに伴う行動が結果に繋がるというものです。

引き寄せの法則の由来

一般的には、この法則の提唱者はロンダ・バーンといわれていますが、実は違います。1980年代にもともとはヒックス夫妻が呼び出したエイブラハム(知性の集合体)からの啓示的思想がもとになっていると言われています。しかし、1900年代初頭にはトーマス・トロワード、ウィリアム・ジュベナル・コルビルらのニューソートの先駆者達によって、話題にされていたという話もあります。よって、言葉自体がどこからはじまっているのかは定かではありません。

引き寄せの法則の文章・例文

例文1.引き寄せの法則にのっとって、プラスの事を考えるようにしよう
例文2.引き寄せの法則を意識し始めてから、悪い事が起こらない気がする
例文3.悪い事が多いのは、引き寄せの法則で悪い事ばかり考えてるからだ
例文4.良いことも悪いことも引き寄せの法則に作用してくる
例文5.良い出会いのために引き寄せの法則に従って実践してみよう
引き寄せの法則そのものへの意識というよりは、起こった事象に対してどういう意識を持っていたか、もしくは、どういう結果を望んで、そのためにどういう意識でいるかという物になるます。

引き寄せの法則の類義語

この法則の意味と言葉をとらえた時、近しい言葉としては「類は友を呼ぶ」などの言葉があります。こちらも自分の意識次第で結果が変わるという点を考えれば、似たような意味合いとしてとらえることが出来ます。

引き寄せの法則まとめ

結論として、この法則はいい考えを持てばいい結果が、悪い考えを持てば悪い結果に行きつくという考えに法則性を持たせたものという事になる。良いことを引き寄せたい人はポジティブシンキングとそのためにどんな行動をするかという事が大事ですという考えがこの法則になるのかと思います。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事