幽霊の浜風の状態になっている

幽霊の浜風(ゆうれいのはまかぜ)

皆さん最近落ち込んだことは何かありますか。外出自粛要請によってしばらく思うようにも外出ができない時間が続いており、「コロナ疲れ」なんて言葉も出てきているぐらいなので、日本全体としてもあまり元気な状態だと言えませんよね。そんな元気のない状態ですが、そんな様を表すちょっと面白い言葉があるのをご存知でしたか。今回はその「幽霊の浜風」という言葉について詳しく解説していきたいと思います。

幽霊の浜風の意味とは

「幽霊の浜風」は、迫力がなくぐったりとしている様、または、元気のない様子を表します。

幽霊の浜風の由来

「幽霊の浜風」は、幽霊が海辺の強い浜風に吹かれて、吹き飛ばせれそうになっている様からきています。

幽霊の浜風の文章・例文

例文1.彼は昨日の試合でのミスがよっぽど悔しかったらしく、昨日からずっと幽霊の浜風だ。
例文2.悪いニュースが続いており、国民が幽霊の浜風のようだ。
例文3.幽霊の浜風だった彼女だが、突然気を入れ替えたようだ。
例文4.彼らは幽霊の浜風のような状態から、突然水を得た魚のように踊り出した。
例文5.幽霊の浜風のような彼は、お化け屋敷のお化け役には向いていないと判断された。
幽霊の浜風は迫力がないという意味もあるので、一概に元気がない状態だとは言い切れません。

幽霊の浜風の会話例

  • 質問者アイコン

    先週からずっと幽霊の浜風のようだけど、何かあったの?

  • 回答者アイコン

    誕生日にもらったネックレスを無くして、まだ見つかってないのよ。

  • 質問者アイコン

    そうなんだ。それは落ち着かないね。どの辺りで無くしたの。

  • 回答者アイコン

    あそこの建物の裏にある浜辺でなくしたんだけど、風が強いところだから、もうどこかに飛ばされちゃったかも。

会話で「幽霊の浜風」という言葉を聞いたことはありませんが、不意に使ってみるとそれがまた一つの話題になるかもしれませんね。

幽霊の浜風の類義語

「幽霊の浜風」の類義語には、「蛞蝓に塩」や「青菜に塩」などが挙げられます。

幽霊の浜風まとめ

今回は、迫力がなく、ぐったりと元気がない様子を表す「幽霊の浜風」という言葉について解説しました。今は幽霊の浜風のような国の状態ですが、このコロナ禍収束した際にはまた以前のような活気が戻るはずです。コロナ疲れコロナショック、よくない情報ばかりですが、止まない雨はないのでもう少しの間辛抱強く耐えましょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事