山の神(やまのかみ)

山の神とは、箱根駅伝の山登り区間とされる5区で、特に優秀な成績で記憶に残る選手を称える称号としてできたものです。箱根駅伝は1月2日から3日にかけて、往路と復路で全10区間ある大学駅伝で、その中でも5区は往路最終区間で特にレースが大きく動く区間であるため注目が集まっています。歴代で山の神と呼ばれた選手は3人いて、どの選手も大きな記憶に残るレースをしているのがとても印象的です。それでは今回は、そんな山の神について解説していきます。

[adstext]
[ads]

山の神の意味とは

山の神は、箱根駅伝の5区で、歴代の記録を上回る優秀な成績を修めた選手を称える称号のことです。箱根駅伝は、正式名称が東京箱根間往復大学駅伝競走で、毎年1月2日から3日にかけて行われる大学駅伝です。新年の三箇日に行なわれることもあり、毎年多くの方々から注目を集めています。全部で往路復路合わせて10区間あり、その中でも小田原中継所から往路のゴール点である芦ノ湖までは、距離が20.8km(2017年から距離短縮(短縮前は23.2km))、最高標高地点が874mと最大難所の区間になっており、山登りであるこの区間でレースが大きく動くと言っても過言ではありません。しかし、ひたすら山登りで標高差もあることから、低体温症や足の痙攣などで体調不良を起こしてしまう選手もいるため大変難易度の高い区間となっています。
過去に山の神と呼ばれている選手は3人いて、1人目である初代山の神と呼ばれたのは、第81回大会(2005年)の5区で史上最多11人抜きを達成した順天堂大学の今井正人選手です。2人目である2代目山の神は第85回大会(2009年)から4年連続区間賞で、うち3度の区間新記録を残した東洋大学の柏原竜二選手。3人目である3代目山の神は、第91回大会(2015年)で、もう抜かれることがないと言われていた柏原選手の記録を上回る成績で、青山学院大学の箱根駅伝初優勝の立役者にもなった神野大地選手です。いずれの山の神と呼ばれた選手たちは、箱根駅伝ファンの記憶に大きく残る輝かしい活躍を見せていて今も伝説になっています。

山の神の由来

山の神の由来は、初代山の神である今井正人選手が初めに言われたことからきています。史上最多の11人抜きを達成した第81回大会(2005年)で、同じく5区を走った日本体育大学の北村選手が「今井さんは神のような存在」と言ったことや、当時の放送で、実況のアナウンサーが「山の神が降臨しました」と中継したことなどが由来とされています。因みに、今井選手は第82、83回大会と3年連続で区間記録を更新しています。その後、大きな記録である5区の区間記録を更新した柏原選手と神野選手も山の神と称されるようになりました。しかし、2017年から距離縮小したこともあり、現在の区間記録は神野選手ではありませんが伝説の記録として残っていることは確かです。

山の神の文章・例文

例文1.2代目山の神の柏原選手は1年生から驚異的な走りで今も記憶に残っている。
例文2.箱根駅伝で山の神と呼ばれる選手が現れるか毎年注目が集まる。
例文3.初めに山の神と呼ばれた今井選手は、箱根駅伝ファンにとても衝撃を与えたことだろう。
例文4.山の神と呼ばれる選手がいる一方で、上り坂が続くことからブレーキになってしまう選手もいるため山登りの5区は最も難しいコースと言われている。
例文5.3代目山の神の神野選手は、もう抜かれることがないと言われていた記録を上回っていて周りの選手たちも驚いていた。
山の神についての例文になります。多くの駅伝大会がある中でも、箱根駅伝のような山登り区間は珍しくとても注目が集まっています。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

山の神の会話例

  • 質問者アイコン

    もうすぐ年も明けていよいよ箱根駅伝が楽しみだね。

  • 回答者アイコン

    そうだね、今年は駒澤大と青学大の2強と言われてるけど、どんなレースになるか楽しみだね。

  • 質問者アイコン

    やっぱり5区は気になるよね。4代目山の神と呼ばれる選手が現れるかは見どころだね。

  • 回答者アイコン

    どうか全選手怪我だけはないように頑張ってほしいね。

箱根駅伝について話している様子です。特に5区は往路で最終の区間のため、山登りで様々なドラマが生まれるとも言われる区間で見どころとなっています。

山の神の関連語

山の神の関連語としては、箱根駅伝ならではの専門用語のようなものがあります。例えば、鶴見中継所から戸塚中継所を結ぶエース区間の2区は、直線のスピードレースからラスト3km怒涛の上りが続く超難関区間で、各校のエースが集うことから「花の2区」と言われています。その他には、山登り区間である5区は「山登り」、その5区を折り返す6区は「山下り」と言われています。一見そのままの言葉ですが、箱根駅伝用語としてファンの間では使われています。

山の神まとめ

山の神とは、箱根駅伝の5区で優秀な成績で記憶に残る活躍をした選手に称えられる称号のことでした。毎年1月2日から3日にかけて行われる箱根駅伝。いよいよもうすぐ行われるので、注目していきたいですね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事