寒暖差アレルギーになりそうだ

寒暖差アレルギー(かんだんさあれるぎー)

くしゃみが止まらないなどの花粉症に似た症状があり、季節の変わり目や寒い冬の時期に起こりやすいとされている寒暖差アレルギーというものをご存知でしょうか。
実際にアレルゲンがあるわけではないですが、これに悩まされる方は多いようです。今回はその寒暖差アレルギーについて解説していきたいと思います。

[adstext]
[ads]

寒暖差アレルギーの意味

暑いところから寒いところに移動した時などの7℃以上の気温差や熱くて刺激の強い食べ物を食べることなどが原因となる鼻炎のことを言います。
気温差に刺激をされて鼻粘膜の血管を広がり内部が腫れアレルギー性鼻炎のような症状が出るとされています。気温差だけでなく湿度も関係しているようで乾燥すると悪化する傾向にあるようです。

寒暖差アレルギーの由来

医学的には「血管運動性鼻炎」というのですが、気温差が主な原因でアレルギー性鼻炎に症状が似ていることなどから「寒暖差アレルギー」と呼ばれるようになりました。

寒暖差アレルギーの文章・例文

例文1.寒暖差アレルギーの原因は気温差や乾燥と言われている
例文2.タバコの煙や刺激的な臭いも寒暖差アレルギーの症状を起こす原因になるらしい
例文3.私の夫は寒暖差アレルギーに悩まされている
例文4.暖房の効いた家から外に出ると鼻水やくしゃみなどの寒暖差アレルギーの症状が止まらなくなってしまう
例文5.私は寒暖差アレルギーの症状が出やすいため暖房は少し低めにして対策をしている
寒暖差アレルギーは鼻粘膜の自律神経が関わっているとされています。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

寒暖差アレルギーの会話例

  • 質問者アイコン

    いや、最近本当に外が寒くて嫌になるね

  • 回答者アイコン

    本当ですよね、室内と外の気温が違い過ぎて私鼻水とくしゃみが止まらないんですよ

  • 質問者アイコン

    そうかぁ、もしかして寒暖差アレルギーってやつ?僕の嫁さんも悩んでるんだよ

  • 回答者アイコン

    この会社の室温もう少しだけ下げられないですかね?

寒暖差アレルギーに悩む人の会話になすます。

寒暖差アレルギーの類義語

類義語には正式な名前の「血管運動性鼻炎」や似た症状の「アレルギー性鼻炎」が挙げられます。

寒暖差アレルギーまとめ

いかがだったでしょうか。暖冬と言われる2019年冬は寒い人暖かい日が交互にきて体調を崩したという方も多いかと思います。さらにその暖冬のせいで寒さに耐えられる体づくりがなかなかできず家の暖房の設定温度が高くてこう言った鼻炎に悩まされることになった人も少なくないかもしれません。運動をしたり食事に気を使ったり、寒暖差を少しでも減らすべく暖房の設定を下げたりと対策をしていくことが大切になります。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事