家臣(かしん)

「家臣」「大名」「君主」など誰もが学校の社会の授業で学びましたね。今回は「家臣」について解説していきますが今更という方も多い事でしょう。ですが「家臣」にも一人一人役割も違い「家臣」の中でも上下関係がある事もご存知でしょうか。もし知らなかったという方は「家臣」について深掘りしてみると日本の歴史についてより興味が湧いてくる事でしょう。今回は「家臣」の意味や例文などを詳しく解説していきます。

[adstext]
[ads]

家臣の意味とは

「家臣」とは、君主に仕える臣下。同じく主君や主家に仕える家来(けらい)。家に仕える家人(けにん)のことを指します。

家臣の由来

家臣は、家の主人に対する従者を意味する用語です。古くは公家の摂家や大臣家と礼儀見習いの殿上人との間で結んだ仮の主従関係である家礼(けれい)に由来するとも言われています。 やがて、公家の従者たる武士をも指すようになり、武士の従者となった武士に対してまでもこの言葉が用いられるようになりました。

家臣の文章・例文

例文1.私のお気に入りの家臣です。
例文2.戦国時代大名が大勢の家臣を引き連れて参上をする。
例文3.家臣の身なのに、差し出た口をきく。
例文4.主人から重要な報告がある為家臣をまとめる。
例文5.家臣の身の為、君主に逆らうことはできない。
「家臣」に関する一般的な例文です。「家臣」は今でこそ使われていませんが、古くは頻繁に使われていた言葉でした。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

家臣の会話例

  • 質問者アイコン

    最近日本の歴史にハマってるんだよね。徳川家康の徳川四天王って知ってる?

  • 回答者アイコン

    徳川家康は有名だから聞いたことあるけど、徳川四天王は聞いたことないな〜。でも四天王って名前付いているくらいだから強そうだね。

  • 質問者アイコン

    まさに最強の家臣!徳川四天王は徳川家康の優秀な家臣4人組のことで、酒井忠次、榊原康政、本多忠勝、井伊直政のことだよ!

  • 回答者アイコン

    そうなんだね、なんかすごい!徳川家康にはすごく多くの家臣がいるのにその中のトップ4の家臣って事は相当優秀で信頼されてないと成れないよね。

「家臣」に関する一般的な会話です。現代の一般的な会話ではほとんど使いませんが、日本人として日本の歴史やその用語について覚えておくと良いかもしれません。

家臣の類義語

「家臣」の類義語には「召使い」や「使用人」、「下働き」などが挙げられます。

家臣まとめ

「家臣」の言葉の意味や使い方についてお分かり頂けたでしょうか。「家臣」は江戸時代に使われていたその人の位、上下関係を示す言葉です。「家臣」には「家老」「守役」「小姓」など様々な職務が与えられます。もし興味がある方は「家臣」の職務について調べてみてはいかがでしょうか。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事