守銭奴(しゅせんど)

守銭奴は金銭に対する執着心が強い人のことです。お金というものは私達が生活していく上で必要となってくるものです。お金があれば、欲しい物や必要とするものを買うことができますし、自分が望むものを手に入れることができると思います。そんなお金に執着して他のことよりもお金を稼ぐことや貯めることを最優先させる人がいます。勿論、他の人にむやみやたらにお金を使うなどもってのほかです。今回は、そんな人を表す守銭奴という言葉について例文を交えつつ、見ていきたいと思います。

[adstext]
[ads]

守銭奴の意味とは

守銭奴の意味は金銭に対する執着心が強い人のことです。他の言い方であれば、ケチな人や強欲な人といった言い回しをされます。合わせて覚えておけるといいと思います。

守銭奴の由来

守銭奴のフランス語の「L’Avare」という言葉にあるとされています。「L’Avare」は守銭奴と訳され、それ以降お金に執着する人のことを守銭奴といって表すようになったと言われています。

守銭奴の文章・例文

例文1.あの人は守銭奴で周りからケチだと言われています。
例文2.守銭奴な彼は稼いだお金を1円も使わずに全て貯金している。
例文3.倹約家であるだけなのに、守銭奴やケチだと言われるのは納得いかない。
例文4.守銭奴であるからこそ、彼はお金を稼ぐために多くの事業を成功されてきたのだ。
例文5.守銭奴だからと言って他人を陥れてまでお金を稼ごうとは思わない。
これらから守銭奴は金銭に対する執着心が強いさまを表す際に用いられます。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

守銭奴の会話例

  • 質問者アイコン

    この前、政治家が問題を起こしたとしてまたニュースになっていたよね。

  • 回答者アイコン

    そうだね。確か汚職をしていたことが明るみになって多くのメディアで取り上げられていたね。

  • 質問者アイコン

    そんな行いをしたら守銭奴と言われても文句は言えないよね。

  • 回答者アイコン

    うん。今回の件から今後はこのような問題が起きないことを願うばかりだよ。

これは、政治家が汚職をはたらきニュースになっていたことを話している様子です。

守銭奴の類義語

守銭奴の類義語には、「拝金主義者」「吝嗇な」「収集狂」などがあります。

守銭奴まとめ

守銭奴という言葉はお金に必要以上に執着するさまを表すにはもってこいの言葉です。お金に執着するが故に悪事に手を染めてしまったり、他人を陥れてしまったりするということがあります。確かにお金というものは便利で大抵のものは買うことができます。しかし、道徳に反するような行為をしてまで稼ぐことは良いことではないです。また、今回覚えた守銭奴という言葉を使いこなせるといいと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事