2019年は宇宙資源開発元年だ

宇宙資源開発元年(うちゅうしげんかいはつがんねん)

いつの時代も人々は宇宙にあこがれを抱き、そして大きな夢を持ちます。そして、それは遠い存在であればこそ夢という形で現実味を帯びませんが、実は今や宇宙はすぐ目の前に現れる可能性があるところまで各国の開発は進んできています。そして、そんなロマンを追い求めている中、日本はそこに乗り遅れています。宇宙、として月は今や巨大なビジネスマーケットとなりつつあります。この流れに送れないためにも少なくともあなただけでも知識を蓄えておく必要があるでしょう。今回は「宇宙資源開発元年」について紹介をしていきます。

宇宙資源開発元年の意味とは

アポロ11号が月面に着陸して50年目の2019年、つまり今年は“宇宙開発元年”、つまり人間が本格的に宇宙の資源を開発していく最初の年になるとされています。今や各国の民間企業がいっせいに月で“資源開発競争”を行っています。日本はこの300兆円とも言われる巨大マーケットに大きく出遅れている事が懸念されています。

宇宙資源開発元年の由来

1969年7月20日にニール・アームストロング船長率いるアポロ11号は初めて月面着陸を果たしました。そして、今年がそこからちょうど50年目となります。その後もアプロ計画は進んでいったが、全部で5回月に着面をして依頼、1972年以降は誰も月に立っていない状態です。そして、今や各国が躍起になって宇宙産業が大きくなることが予想されています。

宇宙資源開発元年の文章・例文

例文1.宇宙資源開発元年にあたるとされている2019年ですが、既に日本は各国に遅れをとっているのに焦りが全くないのがまずい
例文2.各国がこれほど宇宙資源開発元年として今年に勢いを増しているのは、それだけ月の市場が大きいからだと思います
例文3.宇宙資源開発元年という言葉は巷にはあまり大々的に公表されていない事がますます国民の感度を下げている
例文4.宇宙資源開発元年といって各国が莫大な予算を投下している傍ら日本はいったい何をやっているのだろうか
例文5.先行投資をしなければ大きな回収はないのだからすくなくとも数名でも日本から探査機を送り込むべきだ
すでに中国、イスラエル、アメリカなどなど巨大な資本を片手に動き出している存在があります。日本としてはそれを真似していてはマズいと思いますので、いち早く投資費用を捻出するか、もしくは民間の企業がそうできるような体制を作っていく事が大切です。

宇宙資源開発元年の類義語

宇宙資源開発元年という言葉自体が専門的ではありますが、言い換えるならば宇宙の本格的な資源開発が開始する年とする事は出来るしょう。

宇宙資源開発元年まとめ

実はこの宇宙、および月の市場は今後さらに拡大し300兆円市場になると言われております。少ない元手でより大きな回収を得るにはまだ規模がそこまでではない今、投資をするしかありません。手遅れになる前に、民間会社に依頼するなり対策を講じなければ日本の明日はなくなってしまいます。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事