育児をしながら会社で働く母親

子連れ出勤

少子高齢化が今後日本では更に進んでいく中で、女性が子供を育てながら働いていける環境を整える事は非常に重要です。ワークライフバランス働き方改革という言葉が先行して、まだまだ環境整備が追い付いていない側面もありますが、今回は政府として後押しする事になったのが「子連れ出勤」です。子連れ出勤の使い方や意味をここでしっかりと理解しておきましょう。

子連れ出勤の意味とは

子連れ出勤の意味とは、就学前の小さな子供を職場に連れていって働く事を意味しています。少子高齢化の問題の中で、働きたいけども子供を預ける事が出来ない問題と、多様な人材を採用する事で成長を促進したい企業側のニーズがマッチしていると言われています。
もちろん安全面や衛生面、健康面など問題はまだまだありますが、女性が働きやすく子育てがしやすい社会を作るための試みとしては非常に意義深いものです。
また政府は子育てと育児の両立が出来る環境構築の為に、自治体がモデル事業を行う場合には補選予算の中から地域少子化対策重点推進交付金を追加で16億円を計上して、補助率を引き上げる事になりました。

子連れ出勤の由来

子連れ出勤の由来は、保育園や幼稚園に子供を預けられない母親でも働ける環境を作る事が出来るように、企業が始めた制度です。
現在では少しずつですが、広がりを見せてきており、少子高齢化の対策の一つである子育てがしやすい社会の実現に向けて、政府も本腰を入れて、バックアップをしようとしています。

子連れ出勤の文章・例文

例文1.子連れ出勤は慣れると、子供も楽しそうで頑張る意欲が湧いてくる
例文2.子連れ出勤が広がる事で、女性が働きやすい社会が出来る事が望ましい
例文3.スタートしたばかりの子連れ出勤への継続的なサポートが必要だ
例文4.お母さんも安心して働ける子連れ出勤は非常に有意義な制度と言える
例文5.今度の転職先、子連れ出勤出来るから、安心して働けるよ
少しずつではありますが、国も重い腰をあげて、問題解決に取り組み始めています。
その中の1つとして、この子連れ出勤制度へのバックアップがスタートしています。

子連れ出勤の類義語

子連れ出勤の類義語としては、「時短勤務」や「テレワーク」、「リモートワーク」などがあげられます。
またこの子連れ出勤の背景にある「少子高齢化」や「働き方改革」も関連語と言えるでしょうし、女性が働きやすい環境の問題点として「時短ハラスメント」も起きており、合わせて覚えておきましょう。

子連れ出勤まとめ

医療や福祉が発達する中で、環境整備という部分は日本はとかく遅れがちです。役所仕事と揶揄される意思決定の遅さや動きの悪さが原因と言えるでしょう。しかし今回補正予算を使って動いている事は少子高齢化に対する問題の深刻さと危機意識があるのではないでしょうか。
そして子連れ出勤が社会のスタンダートとなる事で、女性が一層活躍する社会が構築されていく事も期待されています。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事