子供食堂で食事をする子供たち

子ども食堂(こどもしょくどう)

近年では大人・子供にかかわらず1人で食事をしたり、栄養バランスの偏った食事をとることは少なくありません。そういった問題を解消すべく、各地では「子ども食堂」という取り組みが進んでいます。今回は「子ども食堂」について詳しくご紹介していきます。

[adstext]
[ads]

子ども食堂の意味とは

「子ども食堂」とは、地域の人や自治体が中心となって取り組んでいる活動で、「子どもが1人でも安心して来られ、無料または低価格で満足な食事を提供する場」のことをいいます。

子ども食堂の由来

「子ども食堂」は、2012年に東京都大田区にある青果店が店の一角に「子ども食堂」を設置したことから全国に広まったと言われています。
「子ども食堂」のメリットは
・手作りで栄養バランスのとれた食事が低価格で食べられる
・食事だけでなく誰かと一緒に食事をすることでコミュニケーションを楽しめる
・大人がいるため、親は安心して子供を預けることが出来る
といったメリットがあります。
また、「子ども食堂」は子供だけではなく一人暮らしの高齢者や会社員もサービスを受けることが可能です。
また、参加費用は有料の場合は100円~500円のところが多く、無料の場合は「店のお手伝いをする」などの条件を出す代わりに無料としているところが多いようです。

子ども食堂の文章・例文

例文1.子ども食堂は飲食店のみに限らず、保育園などの施設でも実施されている。
例文2.食卓を囲みながらコミュニケーションをとることができる子ども食堂は様々な地域で取り組みが進んでいる。
例文3.テレビでも取材が取り上げられ、子ども食堂は年々利用者が増加している。
例文4.地域の住民の家を開放して子ども食堂を実施する機会も増えている。
例文5.親の帰りが遅い子供同士で子ども食堂に集まることも少なくない。
アレルギーのある子供のためのメニューもあるようです。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

子ども食堂の会話例

  • 質問者アイコン

    子ども食堂は孤食問題や栄養バランスの偏りなどを心配する親御さんにはありがたい取り組みです。

  • 回答者アイコン

    食事の提供だけでなく、料理教室や無料の学習塾を併設しているところも多いようです。

  • 質問者アイコン

    また、子ども食堂は子供だけでなく大人も利用できるので、一人暮らしの高齢者の方も利用しています。

  • 回答者アイコン

    地域が一丸となって取り組む子ども食堂はとても素晴らしい取り組みですね。

美味しい料理をいろんな人とコミュニケーションをとりながら食べれるのは、とてもいい機会ですね。

子ども食堂の類義語

「子ども食堂」と関連する言葉には「孤食」や「ボランティア」「クラウドファンディング」などがあります。

子ども食堂まとめ

今回は「子ども食堂」について詳しくご紹介をしました。
近年の「孤食」や「栄養バランスの偏り」、「コミュニケーションをとる機会の減少」などを問題視し、取り組みがすすんでいる「子ども食堂」はコンビニなどでも導入され始めているようです。
しかし、ボランティア活動が基本的な「子ども食堂」は、運営を続けるのにかかる維持費や会場の確保などが難しいという課題があります。地域の人の家を開放したり、寄付金を募るなどの工夫を重ね、コミュニケーションの場を提供することにより、地域の活性化を目指します。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事