妊婦制度は負担

妊婦加算(にんぷかさん)

日本国内において、年々新生児の出生数が減少傾向にあるというデータがあります。そこには、税金アップによる将来的な不安出会ったり、そもそも結婚への意識が向かないという人が増えていることが原因としてあるようです。そんな中、出生数の減少に拍車をかける要因となりそうなものが「妊婦加算」です。妊娠に伴って関連してくるものですが、これがどういうなものなのかを解説していきます。

[adstext]
[ads]

妊婦加算の意味

妊婦加算とは、妊婦健診以外の全ての診療を対象として、外来受診した際に追加料金が発生する制度です。内容としては自己負担が3割である場合、初診であれば230円、最新なら110円が基本の診療料に加算されます。しかも、時間外診療の場合はさらに加算されます。このような制度ができた理由としては、妊婦に対しての診療は胎児に影響が出ないように特別な措置が必要との理由からです。

妊婦加算の由来

妊婦加算は2018年4月から厚生労働省によって制定されました。

妊婦加算の文章・例文

例文1.妊婦加算で基本料金に上乗せして追加料金が発生する
例文2.これから出産もしたいと思っているのに、妊婦加算は妊婦に優しくない
例文3.夜間に診療に行ったら、妊婦加算で通常よりもかなり費用が高くなった
例文4.妊婦加算されるから、健診以外はあまり行きたくない
例文5.新しくできた妊婦加算は厚生労働省が管轄らしい
国にとっては必要な制度なのかもしれませんが、実際に妊婦からしたらメリットのない制度ですね。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

妊婦加算の会話例

  • 質問者アイコン

    妊婦加算で健診以外の診察は費用が高くなるらしいね。

  • 回答者アイコン

    それじゃ将来的に出産に抵抗が出ちゃうね。
    なんでそんな制度ができたんだろう?

  • 質問者アイコン

    一応、胎児に影響が出ないような特別な処置がいるからという名目らしいよ。

  • 回答者アイコン

    本当にそうなら仕方のないことなのかな。

1回の単価は決して高くはありませんが、積み重なるとバカにはできないですね。

妊婦加算の類義語

現状では類似した制度はありませんが、今後、妊婦が対象に限らずこのような医療制度が出てくる可能性はありますね。

妊婦加算まとめ

こういった制度により、出産への抵抗などで日本の出産数の低下に拍車がかからないといいですね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事