奢侈な生活を経験したら生活水準を見直すだろう

奢侈(しゃし)

皆さんは贅沢というものをしたことがあるでしょうか。普段とは違ったものを食べたり、好きなものを買ったり、好きな時間を過ごしたりと贅沢の仕方はいろいろあると思いますが、贅沢はいいものですよね。時には度を過ぎた贅沢をしてしまうなんてことがもしかしたらあるかもしれません。そんなときに使える言葉に奢侈という言葉があります。今回はそんな奢侈という言葉について紹介していきたいと思います。

[adstext]
[ads]

奢侈の意味とは

奢侈とは、必要な程度や身分を超えたぜいたくという意味の言葉です。質素な生活を知らないと、贅沢をしていることにも気づかないことがありますから、人間としての幅を持つには贅沢や、質素な生活をすることも悪くないでしょう。

奢侈の由来

奢侈の「奢」「侈」はどちらともおごる、ほしいままにするという意味を持っています。これらの文字を組み合わせて奢侈という言葉は成り立っています。

奢侈の文章・例文

例文1.今日はいつもと違って思う存分に奢侈な生活を経験したのでもう元の生活には戻れそうにない。
例文2.感性豊かな彼は奢侈贅沢に日々を送っている。
例文3.今日の世の中は奢侈に過ごすことができる。
例文4.彼女の家には多くの絵画などの美術品があり、奢侈のものばかりである。
例文5.奢侈とは、程遠い生活を送っていることから日々にストレスを感じている。
このように奢侈は度を越えて贅沢しているさまを表すの適していることがわかります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

奢侈の会話例

  • 質問者アイコン

    彼の家はお金持ちで僕たち庶民とは違った生活を送っていてうらやましい限りだよ。

  • 回答者アイコン

    本当だよ。彼は普段から多くの美術品に触れているからかとても感性豊かだしね。

  • 質問者アイコン

    人生で一度でいいから奢侈な生活を送ってみたいものだよ。

  • 回答者アイコン

    そうだね。そういう経験が一度でもできるといいね。

生活に密着して使われる奢侈という言葉は日常会話でも比較的使いやすい言葉だと思います。また、奢侈や栄達のみではなく精神的な充実もよい生活に繋がることでしょう。

奢侈の類義語

奢侈の類義語には、「富裕」「豪華」「贅沢」「豪奢」「リッチ」「油水のごとく」「羽振りがよい」などがあります。

奢侈まとめ

毎日大変なことやつらいことがあって、その日を乗り切ったあとに少しの贅沢をする時間はとてもいいですよね。それは、好きなことに時間を使うことであったり、好きなものを食べたりと人それぞれであると思います。そんなときに奢侈という言葉を使う機会があるかもしれません。そのときのために奢侈の意味を覚えておけるといいですね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事