天赦日のおかげ

天赦日(てんしゃび/てんしゃにち)

日本にはその日その日で、良い日や悪い日があるという考え方があります。一般的に「大安」や「仏滅」といったものがそれにあたります。世界ではあまりみられない考え方ですが、それだけ1日1日に重きを置いているという見方もできますね。その中で、1年に数回だけ「天赦日」というものが存在しています。これがどういうものなのかを解説していきたいと思います。

天赦日の意味

読み方は「てんしゃにち」と「てんしゃび」の2通りがあります。
天赦日というのは、日本の暦で吉日を超える大吉日とされている日になります。この日は何をするにしても素晴らしい結果や成果を残せる日とされています。簡単な解説をすると、中国の暦の基準である干支の組み合わせが最も良い日であり、結婚や商売などを始めるのに最良の日とされています。要約して表現するなら、究極の開運日ということになります。
結婚や商売ごとを始めるでなくても、例えば財布を買い換えるや宝くじの購入といったことが金運向上に向かうとも言われています。

天赦日の由来

「天赦」という言葉の意味は、天(神様)が全ての罪を赦という意味があります。

天赦日の文章・例文

例文1.今日は天赦日だから財布を買い替えてみよう
例文2.次の天赦日に入籍しようと思っている
例文3.天赦日に合わせて商売を始める予定だ
例文4.天赦日は吉日の上をいく吉日らしい
例文5.天赦日のおかげか、商談がうまくいった
日本は特にこういう日を大切にする傾向があるので、何かを始めるにはちょうど良い日ですね。

天赦日の会話例

  • 質問者アイコン

    聞いてよ!さっき街で買ったスクラッチくじが当たってたんだよ!

  • 回答者アイコン

    え!?すごいね!
    宝くじなんて当たらないものだと思ってたけど。

  • 質問者アイコン

    今日が天赦日って知って、もしかしたらと思ったんだよね!

  • 回答者アイコン

    そういう日って本当に何かあるんだね。

天赦日の恩恵にあやかっても、必ずしも良いことがあるとは限りません。

天赦日の類義語

冒頭で少し触れましたが、天赦日に近いものとしては「吉日」や「大安」といったような日が挙げられます。ただ、天赦日はこれらの日よりより強い恩恵が受けられる日という考え方です。

天赦日まとめ

実際に天赦日に宝くじが当たったというような報告もあるようですが、買ったら全員が当たるというものではもちろんありません。普段の生活よりも少し良いことは起こるかもしれませんね。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事