大豆ミート(だいずみーと)

「大豆ミート」とは「大豆を原料とした人工肉や代替肉で、エコや高い栄養価への意識からも注目を集める健康食品」です。これまでは肉嫌いやベジタリアンが好むイメージであった「大豆ミート」ですが、近年は急激に規模を拡大し、2025年には国内でも40億円の規模に膨れ上がると試算されています。美味しくて健康効果も高く、おまけに家畜を食用にする必要もなくなるのでメリットだらけとなり、云わば究極の食品と歓迎されるほどブームとなっています。もちろん、課題もまだ多くありますが、それでもかつてのような美味しくない食品というイメージは払しょくされ、オシャレで流行の食品として若者からも歓迎される「大豆ミート」について調べてみました。

[adstext]
[ads]

大豆ミートの意味とは

「大豆ミート」の意味は以下の通りとなります。
(1)大豆を原料とした加工食品で人工肉や代用肉・代替肉の事。
(2)「ソイミート」とも呼ばれる大豆で作られた見た目が肉の食べ物で、これまではベジタリアンやヴィーガンが好んで食してきたが、最近は高い栄養価が注目され多くの食品メーカーが製造販売をしている。
”大豆”は「マメ科の一年草」「枝豆や豆腐や味噌など幅広く利用される栄養価高い食べ物」、”ミート”は「牛や豚など食用肉」で、大豆を肉に見立てた食べ物が「大豆ミート」です。大豆は昔から栄養価が高い事で知られ、たんぱく質や脂肪の含有量は牛肉以上でそこから「畑の肉」と呼ばれ注目をされていました。それでも、大半の人々は牛肉や豚肉や鶏肉を好んで食べ、日本人ですら枝豆や豆腐を好物としながらも「大豆ミート」は敬遠する日々が長く続いたのです。理由として、どんなに健康に良くても味や食感が劣るので、それなら種類豊富で様々な調理に使える普通の肉が圧倒的に支持を得ていたのです。よって、一部のベジタリアンやヴィーガンや或いは宗教的な制約で「大豆ミート」が食べられてきたのですが、近年はかなり様変わりして企業努力によって素直に味の美味しさがうけて、そこに健康ブームなども影響して「大豆ミート」が見直されて人気を得ています。通常の肉は、美味しいが高カロリーや不健康というイメージが付きまといますが、「大豆ミート」は高たんぱく質で食物繊維も豊富なので、これが健康志向が強い現代の女性や体を鍛える人やスポ―ツ選手が気に入り、それに影響された普通の人も関心を持ち、するとブームになったと知った企業が新しく参入し商品を発売し、また飲食店でも「大豆ミート」のメニューを提供するなど全てが良い循環となり後押しをするようになったのです。現在販売されている「大豆ミート」は主に乾燥・レトルト・冷凍の3タイプに分けられ、さらに形状もミンチ型・フィレ型・ブロック型になっています。これらを巧みに使い分けると、従来は肉料理のイメージが強かったハンバーグや唐揚げを手軽で美味しく、そして栄養価が高く作れてしまいます。このようにメリットばかりの「大豆ミート」ですが、さらに本格普及するには改善の余地がまだあり、例えば一部では添加物が多いや価格が高いという声もあります。また、レトルトなら手軽だが乾燥タイプは水に浸すのが面倒で、下ごしらえを嫌う人もいます。これらを改善すれば、さらに「大豆ミート」が本格的に普及するでしょう。

大豆ミートの由来

「大豆ミート」の由来は残念ながら正確には不明で、概念的には起源前からあるという声もあります。これは宗教的な背景から肉食を一時的に断つのが古代から脈々と受け継がれ、例えば宗教によっては肉を食べないなどはそのような歴史も関係があり、そこから肉の代わりとして大豆が好まれたそうです。そこから時代が一気に飛んで、現在にも通じる「大豆ミート」は1970年代に登場し、その後はアメリカで2010年頃から人気となり世界中に広まっていきました。

大豆ミートの文章・例文

例文1.大豆ミートは今やハンバーガーのファーストフード店でも食べられる。
例文2.アメリカではカリフォルニアなど大都会で健康志向が強い人が住んでいるエリアでは、大豆ミートは常識となりつつある。
例文3.デフレや経済苦が続く日本では、大豆ミートは逆に高級品となり貧しい人はなかなか手が出せない。
例文4.個人的には大豆ミートの次は昆虫食がブームになると思っている。
例文5.酒を飲んで酔ったら、大豆ミートも通常の肉も違いが分からないだろう。
「大豆ミート」の現状などについての例文です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

大豆ミートの会話例

  • 質問者アイコン

    ん、このハンバーグいつもよりも美味しいよ。もしかして、牛肉にした?

  • 回答者アイコン

    良く分かったわね。実はスーパーが特売で、いつもは豚肉ミンチだけど今日は牛肉にしたの。だから美味しいでしょう。

  • 質問者アイコン

    まあ、俺程のグルメだと食べた瞬間で一発で分かるよ。今日は本当に、まいうーハンバーグだよ!

  • 回答者アイコン

    あははは。あなたはやっぱり面白いわ。実は今日は大豆ミートで作ったハンバーグなの。それなのに真剣に牛肉って言って、自信満々なんだもの。

味覚音痴な夫に大笑いする妻との会話やり取りです。

大豆ミートの類義語

「大豆ミート」の類義語には、「グルテンミート」「大豆肉」「プラントベースドミート」「フェイクミート」「疑似肉」などの言葉が挙げられます。

大豆ミートの対義語

「大豆ミート」の対義語には、「食肉」「畜産物」「自然肉」などの言葉が挙げられます。

大豆ミートまとめ

「大豆ミート」は大豆を原料とした代替肉や代用肉の事で、現在は一番定着している呼称となっています。大豆なので高たんぱくで食物繊維が豊富という高い栄養価が歓迎され、またノンコレステロールなので最近の健康志向への高まりとして若い女性やスポーツをする人々からも関心を持たれています。人気の高まりから様々な企業が参入して関連商品も多数発売され、一方では通常の肉よりも価格が高いや添加物の多さも懸念されていますが、それでも従来の肉中心の食生活を根本から変える究極の食品として期待がされています。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事