夢幻泡影(むげんほうえい)

夢幻泡影とは、人生は夢や幻のように、儚いものであるということです。皆さんは夢というものを見たことがありますか。夢にもいい夢もあれば、悪夢という言葉があるように悪い夢もあると思います。ただ、夢というものは現実のことではなく、確かなことはないので儚いものです。そんな儚いことを表す言葉として夢幻泡影という四字熟語があります。今回は、そんな夢幻泡影について意味や由来などを交えつつ、見ていきたいと思います。

[adstext]
[ads]

夢幻泡影の意味とは

夢幻泡影の意味は、人生は夢や幻のように、儚いものであるということです。儚いというのは、淡く消えやすいもののことです。覚えておくと使うときに役に立つと思います。

夢幻泡影の由来

夢幻泡影の「夢幻」はその言葉の通り夢と幻のことを表しています。また、「泡影」も言葉の通り水の泡と影のことを表しています。これらの言葉から今日の意味で夢幻泡影が使われるようになったと考えられています。

夢幻泡影の文章・例文

例文1.楽しい時間は、夢幻泡影に感じられるものだ。こういうひと時を大切にしていきたい。
例文2.家族と過ごす夢幻泡影な時間は、今となってはもう戻ってこない。
例文3.人生は夢幻泡影と言うけれど、私が過ごした日々は確かに思い出として今も色濃く残っている。
例文4.夢幻泡影な瞬間を思い出して、想いを馳せる。
例文5.大切な時間は、夢幻泡影なように感じられるものだ。
これらから夢幻泡影という言葉は、儚いものに対して使うことができるのがわかります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

夢幻泡影の会話例

  • 質問者アイコン

    今まで当たり前だと思っていた日々を失って、初めて人生の儚さを知ったよ。まさに夢幻泡影とはこのことだよ。

  • 回答者アイコン

    そうなのかい。もしも困っていることがあったらいつでも力になるから。頼ってくれていいからね。

  • 質問者アイコン

    そう言ってもらえると有り難いよ。これからは気持ちを切り替えて頑張っていけたらと思うよ。

  • 回答者アイコン

    そうかい。辛いとは思うけど君のことを応援しているよ。

これは、当たり前の生活を失ってしまった男性とその友人が話している様子です。

夢幻泡影の類義語

夢幻泡影の類義語には、「蝶夢」「黄梁一炊の夢」「つわものどもが夢の跡」などがあります。

夢幻泡影まとめ

限りあるものというものは、儚く感じられるものです。どんなに貴重と言われていたり、価値があると言われていたりするものでもそれが大量にあれば自ずと有り難みがなくなってくるものです。何事においても限りあるものは、有効に使えるといいと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事