地下河川(ちかかせん)

「地下河川」とは「大雨の洪水対策として地下に設置された一時的に雨水を流し入れる人工河川」です。要するに地下に巨大貯水槽を作り大雨を貯め込むのですが、その途中にある放水路のような役割を果たすのが「地下河川」です。近年のゲリラ豪雨など深刻化される大雨被害の切り札と期待され、東京や大阪で積極的に導入されています。それでは人々の命を守る「地下河川」についての解説となります。

[adstext]
[ads]

地下河川の意味とは

「地下河川」の意味は以下の通りとなります。
(1)石灰洞などの洞窟の底を流れる地下の河川で、地上を流れる河川は地表河川となる。
(2)豪雨などの水害対策として、主に都市部の公共施設地下に設置された放水路で人工河川の事。
(3)近年注目され積極的に導入されている地下空間を利用した洪水調整施設。
「地下河川」は文字通り地下にある河川で元々は洞窟などを流れる自然河川の呼び名でしたが、近年は集中豪雨や台風などの大雨被害が甚大となり、その対策として都市部の地下に造られている人工河川が「地下河川」となります。具体的には巨大な地下空間を利用して都市部の人々を洪水から守るもので、公共施設などの地下に巨大貯水槽やトンネル(放水路)を設置して雨水を一時的に貯めておく事ができます。そのあまりにも巨大さから「地下神殿」とも一部からは呼ばれ、現在は埼玉県春日部市に「首都圏外郭放水路」があり、大阪には「寝屋川北部地下河川」と「寝屋川南部地下河川」の2か所で工事の整備が進められています。「寝屋川北部地下河川」は全国初の「大深度地下」として注目され、完成すれば毎秒85立方メートルの排水が可能となり、現在の豪雨クラスでも大阪の街を水害から守れるようになります。これだけメリットが多い「地下河川」ですが当然ながらデメリットというか克服すべき問題を抱えていて、工事完成には何年間もの工期を必要とし建設費も数千億にもなり、これらは税金が投入されるので余裕がある自治体だけが可能なので、結果的には水害から大都市のみが「地下河川」で守られ、他の都市はますます浸水で苦しめられるので、最終的には人口減少や都市機能マヒなどにも影響を与える恐れがあります。

地下河川の由来

水害対策としての日本初の「地下河川」は埼玉県春日部市の「首都圏外郭放水路」で、1993年3月に工事着工し2002年6月に一部開始し、2006年6月に完全完成しました。

地下河川の文章・例文

例文1.地下河川が九州や広島でも完成すれば水害が防げる期待が持てる。
例文2.息子が学校行事で地下河川の見学会に行ってきた。
例文3.昔は都市化の流れで地上を流れる川を地下河川にする工事が行われていたそうだ。
例文4.地下河川は地下トンネルを利用して近隣の川に放流される。
例文5.水害対策として効果的な地下河川だが、5日程度も大雨が続くと貯留量の限界を超えてしまう恐れもあり、最近の線状降水帯が何日も継続するのに果たして耐えられるのか不安だ。
大雨被害の対抗手段である「地下河川」についての例文です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

地下河川の会話例

  • 質問者アイコン

    どうして東京は大雨被害に強いか知っている?

  • 回答者アイコン

    それは地形の問題じゃない? 気圧は西から東に流れるから九州などがどうしても大雨や台風が直撃しやすいよね。

  • 質問者アイコン

    それもあるけど、東京は地下に巨大トンネルという地下河川があるからだよ。

  • 回答者アイコン

    それって、雨水を一時的に貯めておく場所だよね。だから豪雨でも安心なんだね。

男女が東京の大雨対策について会話をしています。

地下河川の類義語

「地下河川」の類義語には、「大深度地下」「地下調節池」などの言葉が挙げられます。

地下河川まとめ

「地下河川」は大雨被害の切り札とも言える地下空間に設けた人口河川です。これまでは大雨が続き河川が溢れると氾濫する事態となっていましたが、「地下河川」に雨水を流す事で水害を最小限に食い止められると期待されています。莫大な建設コストや維持費に完成まで長期間を要するなどデメリットもありますが、現在の大雨被害から人々を守るには「地下河川」しかないのが現状です。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事