国際観光旅客税がスタートする

国際観光旅客税

旅行が好きな方や海外に頻繁にお仕事などで行かれる方はご存知かもしれませんが、国際観光旅客税と聞いてピンとくる人はそれほど多くないと思います。実はこれは平成31年1月7日から導入される新たな国税です。国際観光旅客税について今日は解説をしていきます。

国際観光旅客税の意味とは

国際観光旅客税の意味ですが、これは船舶や航空会社がチケットに上乗せするという方式で日本から出国する旅客に対して出国1回につき一律1000円を徴収するというものです。船舶会社や航空会社が旅客の人から徴収をして国に代わりに納付するというものになります。
一般には「出国税」という様な呼ばれ方をしています。
原則全ての旅客が対象ですが、トランジットで24時間以内に出国する場合や天候の影響により出国をしたものの戻ってきてしまった場合、2歳未満の子供については対象外となります。
そしてこの国際観光旅客税は平成31年1月7日以降の出国に適用される事が決まっています。
公式発表は「国税庁・国際観光旅客税について」のページでご確認下さい。

国際観光旅客税の由来

平成30年4月11日に国際観光旅客税法が成立して、観光先進国を実現するべく観光基盤の拡充と強化、充実を図る為に国際観光旅客税が創設されています。通常で約430億円の税収が見込まれており、観光を成長戦略の柱、地方創成の切り札として考えられており、経済成長の一環の政策として盛り込まれています。
また財源の用途については、(1)ストレスフリーで快適に旅行できる環境の整備、(2)多様な魅力に関する情報の入手の容易化、(3)地域固有の文化、自然等を活用した観光資源の整備等による地域での体験滞在の満足度向上の3分野に税収を充当する事で観光先進国への成長を目指すものです。

国際観光旅客税の文章・例文

例文1.国際観光旅客税は一律1000円となっている
例文2.観光での経済成長の為に国際観光旅客税は必要だ
例文3.資源の乏しい日本では観光を一大産業にするべく、国際観光旅客税が導入された
例文4.国際観光旅客税は広く薄く負担を求める考え方に基づいている
例文5.未来の観光先進国への成長を期待して国際観光旅客税を払う
東京オリンピックを控えて、日本国内ではそのチャンスを逃すまいと観光先進国への成長を一気に果たしたいという考えが与党政府にもあり、その中で国際観光旅客税によって財源を確保して、様々な社会整備が進んでいく事が期待されています。

国際観光旅客税の類義語

国際観光旅客税の類義語としては「関税」や海外旅行に行く際に支払う別途費用としては「燃油サーチャージ」などが挙げられるでしょう。

国際観光旅客税まとめ

実はこの国際観光旅客税については1月6日までに航空会社や船舶会社との契約が成立している場合においては発生しません。つまり既に旅行の予定が決まっている方は6日までに航空券などを予約すればかからないのです。ただ今後長い目で見れば、日本の経済成長の一端を担う大事な税金であり、独室した国税の制定としては27年ぶりとなります。どういった形で有効にその税金が使われているのかしっかりと国民が観察と判断をしていき必要もありますね。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事