囲い(かこい)

「囲い」とは「人気の動画配信者に群がり迷惑コメントなどをする熱烈なファン」です。ネット世界だけでなくどの世界でもそうですが、普通のファンからすると熱狂的な人達はちょっと凄すぎて引いてしまいますよね。単に応援するだけでなく、熱量が低いファンを馬鹿にするなど行動はエスカレートするのです。ネットの動画配信は特にそんな傾向が強く、だから「囲い」とバカにされてしまうようです。

[adstext]
[ads]

囲いの意味とは

「囲い」の意味は以下の通りとなります。
(1)周りを塞ぐ塀や垣から、転じて、ネット・配信用語として動画配信者の熱烈ファンや過剰なファンを蔑む際に使うネットスラング
(2)大人気の動画配信者に集まる一部の熱狂的ファンに対する呼び名で、配信者を独占したい強い気持ちが如実となると周囲に迷惑を掛けるので「囲い厨」とも呼ばれる。
本来の「囲い」は「周囲を取り巻く」「周囲を取り巻く塀や垣根」「野菜を蓄える事」で、それがネットや配信用語として上記のような意味合いになります。要するにネットスラングであり、人気配信者に群がる熱狂的ファンを見下す際に使われます。ニコ生などで動画配信者(放送主)が生放送を始めると、直後から熱烈ファンがコメントを書き込みますが、単に応援するだけでなく普通の一般リスナーのコメントを馬鹿にしたりとやりたい放題になります。そんな様子に呆れて、良識あるリスナーが「囲いが酷い」「囲い厨が気持ち悪い」などとコメントしたり、他のサイトで書いたりするのです。よって、「囲い」は「熱狂的ファン」の事で動画配信で使うのが最も多く、FPSなどのゲーム配信やアイドルのライブ配信など対象は何でもよく、最近は一見すると良識ある応援者のフリをして実は迷惑行為に及ぶなど実に巧妙になっているので、単純に「囲い」や「囲い厨」と初期段階では判断が出来なくなっています。

囲いの由来

「囲い」の由来は元々は「囲う」として2013年頃からネット・配信用語となって、それが「囲い厨」になり、さらに変化して現在の「囲い」になったとされています。

囲いの文章・例文

例文1.今日も囲いが多くて空気悪い。
例文2.囲い厨は暇なのかな?
例文3.あれ、もしかして俺も囲いになってね?
例文4.囲いの皆さん、今日も配信に来てくれてありがとう。
例文5.ネット配信は囲まれるほど儲かるから、一概に囲いを拒否もできない。
主に普通の人から見た「囲い」を使った例文となります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

囲いの会話例

  • 質問者アイコン

    昔夢中で観ていたネット配信を久しぶりに観たんだけど…。

  • 回答者アイコン

    過疎っていた?

  • 質問者アイコン

    それが逆で、もう信者が多くて不気味な集団になっていたよ。

  • 回答者アイコン

    それは囲い厨に目を付けられたんだね。

ネット配信の「囲い」について男女が会話をしています。

囲いの類義語

「囲い」の類義語はネット配信用語では「バ囲い」など、それ以外では「囲い女」「囲い者」などの言葉が挙げられます。

囲いの対義語

「囲い」の対義語はありません。補足としてネット・配信用語以外での「囲い」の対義語は「情夫」「色男」「間男」などの言葉が挙げられます。

囲いまとめ

「囲い」はネット・配信用語で配信者の熱狂的なファンの事であり、そんなファンを見下すように使うネットスラングです。人気の配信者には大勢のファンが集いますが、その中には迷惑コメントをして普通のファンを困らせる人もいます。そんな人達を嫌悪感から「囲い」や「囲い厨」と呼びます。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事