因果応報

因果応報という言葉は遠く東洋に由来します。因果応報には、物事の原因や心因は必ず存在していて、その結果として現在があるという哲学の考え方になります。

因果応報の意味とは

因果応報の意味は、よくなにかが起こった際に、原因をつきとめるべきであるという慣用句で使用されます。つまり、事故が起こった際には、なにか原因があって、事故になったんだろうとする考え方です。そして、原因を追求するための慣用句になるのです。

因果応報の由来

因果応報は、仏教的な雰囲気がしますが、遠くは哲学としてサンスクリッドの影響もあったものです。それが伝来して、仏教用語のひとつになっています。ただし、本来は、原因究明を果たすための専門用語としての利用法で、現在で言う改善方式を促す理論であるという論理的な用語になります

因果応報の文章・例文

例文1.因果応報として責めるよりも、原因追求をせよ
例文2.因果応報に自損の意味があれば、その対策への怠惰が原因だ
例文3.因果応報で解決できることは、未来における改善である
例文4.責任を感じるのであれば、自分自身に因果応報の意味を込めるべきである
例文5.因果応報で終わるのは、対策への諦めではなく、未来への成功である
物事には常に理由があり、成功も失敗も全ては理由があります。その理由を考えずに成功や失敗という結果だけを捉えて考えてしまうと、大きな成長を阻害する事になってしまいます。

因果応報の類義語

因果応報の同義として、自業自得があります。自業自得の業はわざという意ですが、人間の業の中に、ごうというつみの部分も含まれます。本来は、業は産業の行であったり技とするべきです。

因果応報まとめ

因果応報という言葉は、四字熟語として難解な部分も含みます。ただし、今を悩むのではなく、改善を加えるために、過去に起こった原因を解明し、真因を追求して、未来に役立てようとするのが本来です。そのための論理学として、考えなくてはならないのが、人がわるかったのではなく、要領がわるかったのだとする反省点になります。

この記事を読んでいる人に人気の記事