彼女も器量は当座の花と言われている

器量は当座の花(きりょうはとうざのはな)

「器量は当座の花」はあまり聞きなれないですが、恋愛などで有名な諺の一つです。美しさは一瞬であり長続きしないという意味合いがあり、外見よりも中身重視で相手を選ぶべし、とするものでカップルや恋愛に憧れる若い世代に対し、教訓めいたものとして知られています。そんな「器量は当座の花」の解説となります。

器量は当座の花の意味とは

「器量は当座の花」の意味は以下の通りとなります。
 (1)顔が良いや美人を意味する”器量”は確かに大事だが、長い人生で美しい期間はとても短い。
 (2)女性を選ぶ際には、顔よりも性格を重視すべきという教訓。
 (3)女性を花に例え、美しく咲いているのも短い期間だけで、旬を過ぎれば誰もが枯れ葉て老いると説いている。
「器量は当座の花」は男女の色恋などを表現する有名な諺で、昔からの意味は上記の通りですが、このまま解釈すると女性差別と訴えられそうですよね。現代では、もう少しくだけた表現が相応しく、要するに「恋愛において、男女共に顔よりも性格で相手を選ぶと、幸せになる」と捉えるべき諺ではないでしょうか。外見など表面的なものは、互いに若い時を過ぎれば老けていくので、あまり重要視しても意味がないので、性格重視や気が合う人をパートナーに選ぶと幸せになると解釈できます。

器量は当座の花の由来

「器量は当座の花」について、由来などは残念ながら不明です。”器量”は能力や人徳、顔立ちや容貌など特に女性の外見、”当座”は物事に直面、即座、しばらくの間などの意味を持っています。また「当座の花」という言葉もあり、見た目が美しい、一時の楽しみなどの意味があります。文献としては、室町時代の能役者・世阿弥(ぜあみ)による「風姿花伝」(1400年頃)には、「たうざの花に珍らしくて〜」という一文が残され、「器量は当座の花」はそれ以降の生み出された諺ではないかと推測できます。

器量は当座の花の文章・例文

例文1.姉に対して、器量は当座の花と偉そうに言ったら、彼女もできない男に言われたくないと言い返された。
例文2.器量は当座の花だが、好きになるアイドルは美人ばかりだ。
例文3.仲が良い両親の背中を見ていると、器量は当座の花なんだとしみじみ納得した。
例文4.本心では、器量は当座の花と分かっているが、可愛い子や若い子と結婚したいのが、男の願望だ。
例文5.器量は当座の花だが、最近は整形や化粧などが充実していて、また晩婚化もあるのであまり気にしなくて良いと思う。

「器量は当座の花」は男性目線と女性目線で、受け取り方や扱いが全く違うので例文も変わってきます。

器量は当座の花の会話例

  • 質問者アイコン

    器量は当座の花という諺から、男性陣は結局何を学べば良いのかな? 女は顔ではない? それとも、顔で選んでも、その顔も老いてしまうので美しいのは一時だけ、だから妥協しなさいという感じなのかな?

  • 回答者アイコン

    なんでそれを女である私に質問するの! でも、私が思うに、これはモテない女性を励ますのが本当の狙いではないのかな?

  • 質問者アイコン

    と言うのは、どういう意味?

  • 回答者アイコン

    大人になると、男は外見も重視だけど仕事が出来たり社会的ステータスがあれば、モテたりするでしょう。でも、女は化粧をしないと外にも出かけられないし、不都合が多い。仕事できるよりも、男性にちやほやされる方が気持ちいいからね。

「器量は当座の花」という諺から、現代における男女間の恋愛事情を語っています。

器量は当座の花の類義語

「器量は当座の花」の類義語には、「男は度胸女は愛嬌」「器量より気前」などの言葉が挙げられます。

器量は当座の花まとめ

「器量は当座の花」は、男女の恋愛を言い表す諺として有名です。男性に対して、美しい女性と付き合いたい気持ちは分かるが、美貌などは年々衰えるものと教えを説いています。「当座の花」は、見た目が美しい、一時の楽しみという意味で、「器量」には主に女性の美貌を意味しています。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事