喧騒(けんそう)

喧騒とは、人が多く集まり生活音が非常に騒がしい事を表します。「都会の喧騒に飲まれて」という言葉は今まで何回も聞いたかと思います。とは言え、喧騒と言われると音の話なのか、はたまた人々の様子の話なのかピンと来ない方が多いかと思います。そこで今回は、喧騒について詳しく解説していきたいと思います。これを読めば明日から自分の言葉として「喧騒」が使えるようになります。

[adstext]
[ads]

喧騒の意味とは

喧騒とは、人が多く集まり生活音が非常に騒がしい事を表します。効き馴染みのある表現である「都会の喧騒」というのは、人口が集中しており、どこにいても人の話し声や車が走る音、人の歩く音などで騒がしい都会の性質を表しています。

喧騒の由来

喧には「大きな声で騒ぎ立てる」という意味があり、騒には「秩序無く動き回る」という意味があります。近い意味を持つ語を並べて意味を強調して作られたのが「喧騒」という言葉です。

喧騒の文章・例文

例文1.都会の喧騒から離れたくて田舎に引っ越した。
例文2.彼らは喧騒のど真ん中で誰よりも目立っている。
例文3.その祭りの活気は喧騒とも言えるほどの盛り上がりだ。
例文4.彼は喧騒を嫌って家から出ようとしない。
例文5.酔っ払いたちの喧騒に巻き込まれて彼女は不機嫌そうだ。
喧騒と聞くとただ騒がしい状態というイメージがありますが、非常に活気のある状態を表すポジティブな言葉として使われることもあります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

喧騒の会話例

  • 質問者アイコン

    そろそろ都会の喧騒から離れたいよ。

  • 回答者アイコン

    まだ東京に来て3日だけどね。

  • 質問者アイコン

    もう十分雰囲気は味わったよ。どこもかしこも騒がしくて落ち着かないよ。

  • 回答者アイコン

    やっぱり田舎が一番だね。

東京を訪れて改めて田舎の良さを痛感する壇上の会話です。

喧騒の類義語

喧騒の類義語には「やかましい」「騒音」「五月蠅い」「喧喧囂囂」などがあります。

喧騒まとめ

喧騒とは、人が多く集まり生活音が非常に騒がしい事を意味します。人の声だけでなく、歩く音、車が走る音、誰かが者を落とした音など全てが喧騒の一部となります。都会には人工が集中しているので、どうしても聞こえてくる音が多くなってしまい、田舎から出てきた人は、ただそこで生活をするだけで疲れを感じることがあるそうです。今回で喧騒の使い方をマスターできたかと思いますので、次は是非実践で使ってみてください。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事