喜久泉という日本酒を作っているのは西田酒造さんですが、実は青森市では唯一の酒蔵であり、青森という土地の特性や青森のお米にこだわった青森の地酒を作られています。

喜久泉の特徴

喜久泉は淡麗にして軽快な味わいが特徴で糖類を一切使わずに、米本来の甘みが移ったお酒です。醸造用アルコールを最低限使って作るいわゆるアル添と呼ばれる日本酒です。

喜久泉のこだわり

西田酒造さんでは増石を一切せず、質を徹底的に追及している為出荷量が非常に少なく、なかなかお目にかかる事は出来ません。地元で楽しまれるお酒を作りたいという思いが込められています。
「大吟醸」「吟醸」「特別本醸造」の3つが喜久泉にはあり、吟醸は辛口で優しい味わいであり、特別本醸造は品のある旨味があり落ち着いた味わいと言われています。

喜久泉のレビュー

レビュー1.華やかな吟醸香、くっきりした味わい。爽やかでキレが良く、美味しいです。
レビュー2.旨味がしっかりありながら、鋭いキレ味。
レビュー3.開栓後の変化が激しい。3?4日目は圧倒的旨さ!
レビュー4.甘め、ほどよい香りで飲みやすい
レビュー5.当たりの微々発泡とキュッと締まった酸味に始まり、アル添を感じさせない柔らかな味わいと後味。
この西田酒造さんでは喜久泉の他にも「田酒」「善知鳥」があります。特に約2500石の造りの規模ながら造りに携わる人員15名となっており、1人が150石を造るという人手を十分にかけた丁寧な作りも評判の要因です。

喜久泉のまとめ

青森という珍しい土地でのお酒造りは想像を超える様な大変な事もあるでしょうが、それでも妥協せずに地域に根差したお酒作りを徹底しており、丁寧なお酒造りは飲み手を唸らすに十分なものと言えるでしょう。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事