商いは牛の涎(あきないはうしのよだれ)

商いは牛の涎とは、商いをするには焦らず、コツコツと続けることが成功の秘訣であるということです。物事にはタイミングというものがあります。その時は、良い結果が出なくても少し経てば良い結果になるものもあります。ものの価値もそうで、世間の状況に応じて変わってきます。今回はそんなときに使うことができる商いは牛の涎について紹介して、使い方をマスターしていきます。

[adstext]
[ads]

商いは牛の涎の意味とは

商いは牛の涎の意味は、商いをするには焦らず、コツコツと続けることが成功の秘訣であるということです。転じて、商売以外にも続けることの大切さを表現したいときに使うことができます。

商いは牛の涎の由来

商いは牛の涎の「商い」は商売のことです。「牛の涎」というのは、牛の涎は細く長く切れ目がないことから続いている様子を表しています。このことから商いは牛の涎というように商売もコツコツと続けることが大切であるという意味で使われるようになったと考えられています。

商いは牛の涎の文章・例文

例文1.今は、儲けが出ないかもしれないが、商いは牛の涎というように日々の積み重ねが大事である。
例文2.コツコツと商いを続けてきた結果、少しずつ売上が上がっているのをみて商いは牛の涎とはまさにこのことであると思った。
例文3.一時の利益だけに目をくらまして、将来性を見据えていなかったその商売は破綻してしまった。商いは牛の涎と忠告したのに。
例文4.商いは牛の涎であるという父の教えからお店を引き継義変わらぬスタイルで経営を行う。
例文5.商人の私にとっての座右の名は、商いは牛の涎である。目先の利益を優先して大事な取引先をないがしろにすれば、商売が上手くいかないことを知っているからだ。
これらから商いは牛の涎という言葉は、商いをコツコツと続けることが成功に繋がる様子を表すには最適です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

商いは牛の涎の会話例

  • 質問者アイコン

    今週末は、テストがあるからとても焦っているだよね。勉強を教えてくれないかい。

  • 回答者アイコン

    いつも言っているじゃないか。普段から勉強していないと困るよって。そうやっていつも君は。

  • 質問者アイコン

    うん。わかっているだけどね。今回のテストが終わったら普段から勉強するようにするから頼むよ。

  • 回答者アイコン

    しょうがないな。今回限りだよ。商いは牛の涎という言葉があるけど何事にも継続して続けることが成功の秘訣なんだからね。

これは、テスト前に二人の生徒が会話している様子です。

商いは牛の涎の類義語

商いは牛の涎の類義語には、「商人は牛の涎」「雨垂れ石を穿つ」「千里の道も一歩から」などがあります。

商いは牛の涎まとめ

継続は力なりという言葉があるようになにか物事をする上で続けることは大切です。確かに、時と場合によっては必要のないことや無駄なことは、今まで続けてきたことだとしてもやめるべきです。ですが、商いは牛の涎という言葉にもあるとおり、日頃からの積み重ねというものは何かしらの結果として返ってきます。それは自分の自信や成長に繋がるので挫折してもめげずに頑張れるといいと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事