唯物論について成り立ちを考える

唯物論(ゆいぶつろん)

唯物論は観念や精神、心などの根底には物質があるという考え方のことです。皆さんは物質主義という考え方を知っていますでしょうか。物質主義というのは精神的なものより物質的なものを優先する際に使われる言葉です。思いや信念、夢などよりもお金や資源などを優先することです。そんな考え方を言い表す言葉として唯物論というものがあります。今回はそんな唯物論について意味や由来、例文、類義語などをみていきたいと思います。

[adstext]
[ads]

唯物論の意味とは

唯物論の意味は観念や精神、心などの根底には物質があるという考え方のことです。唯物論と言っても多くの考え方があり、幅広い意味で使うことができます。

唯物論の由来

唯物論の由来は英単語の「materialism」にあるとされています。「materialism」とは物質主義や唯物論のことであり、このことから唯物論は物質が根底にあるという考え方を表す言葉として使われるようになったと言われています。

唯物論の文章・例文

例文1.唯物論について学ぶことによって新たな考え方を知る。
例文2.唯物論に従って物事について考える。
例文3.唯物論によれば、物質に根源があると考えるのが普通だ。
例文4.歴史上の人物には多くの唯物論者がいてそれぞれの考え方を提唱している。
例文5.唯物論といっても唯物論者の間では考えが別れることがある。
これらから唯物論は観念や精神、心などの根底には物質があるという考え方を表す言葉です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

唯物論の会話例

  • 質問者アイコン

    私達のこの考え方や行動も唯物論に従えば、物質に準ずるんだろうね。

  • 回答者アイコン

    そうだね。確かに思いや大義のためというよりは生きるため物を手に入れるためや資源を集めるために行動しているからね。

  • 質問者アイコン

    生きていくためには、食料や住居も必要だしね。

  • 回答者アイコン

    うん。まさに物質主義と言っても過言ではないだろうね。

これは、物質主義である二人の会話です。

唯物論の類義語

唯物論の類義語には、「唯心論」「所信」「哲学」などがあります。

唯物論まとめ

唯物論という言葉の対義語として唯心論という言葉があります。唯心論は唯物論と違って物質よりも精神を重視する考え方です。人には、それぞれ異なった考え方があるので当然対極する意見もあります。唯物論だけでなく唯心論についても合わせて覚えておけるといいと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事