咀嚼(そしゃく)

咀嚼は摂取した食べ物を歯で噛み砕くさまのことです。私達は生きるために栄養を必要とします。十分な栄養を摂取することができなければ、活動をすることができないです。そんな栄養を摂取するもっとも主要な方法として食べ物を食べることがあげられます。食べ物から効率よく栄養を摂取するためには消化しやすい大きさにすることがあります。そのために、私達は口に入れたものを噛み砕くのです。今回はそんな様子を表す咀嚼という言葉について由来や例文、類義語を合わせてつつ見ていきたい思います。

[adstext]
[ads]

咀嚼の意味とは

咀嚼の意味は摂取した食べ物を歯で噛み砕くさまのことです。食べた物は自分の血肉となるため、そのことから転じて何事に対しても自分のものにすることや物事を理解するさまを意味します。

咀嚼の由来

咀嚼の「咀」はあじわうやかむなどといった意味をもちます。また、「嚼」はあじわうや意味を理解するといったことを意味をもちます。これらの言葉を組み合わせて咀嚼という言葉が成り立っています。

咀嚼の文章・例文

例文1.あの動物はちょうど餌を咀嚼してるところである。
例文2.彼はアドバイスを咀嚼して次に活かすことが上手なので成長が目まぐるしい
例文3.内容がいまいち理解することができなかったので、もう一度咀嚼してみる。
例文4.しっかりと咀嚼することによって消化がおこないやすくなる。
例文5.講義で聞いた内容を咀嚼してもう一度ノートにまとめ直す。
これらから咀嚼は食べ物を噛み砕くさまや物事を理解するさまなどを表すことができます。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

咀嚼の会話例

  • 質問者アイコン

    今日の授業で先生が教えてくれた理論を君は理解することができたかい。

  • 回答者アイコン

    ある程度、理解することはできたけど完全ではないね。一部納得できない点もあったしね。

  • 質問者アイコン

    わからないところがあって今から先生に聞くために職員室に行こうと思っているんだけど君も一緒にどうかな。

  • 回答者アイコン

    それはいいね。わからない部分は今日家に帰って咀嚼して考え直してみようと思っていたけれど聞いてみるのが一番だものね。

これは、授業中にわからないことがあった二人の生徒が話している様子です。

咀嚼の類義語

咀嚼の類義語には、「反芻」「研鑽を積む」「噛熟す」などがあります。

咀嚼まとめ

咀嚼という言葉は、食べ物を噛み砕くさま以外にも物事について整理して理解しているさまを表す際に用いられます。また、咀嚼という言葉の漢字は普段あまり使うことのない難しい漢字です。咀は訓読みではソ、ショ、ジョと読み、音読みでは咀わうや咀むといった使われ方がなされます。嚼は、訓読みではシャクやザク、おんでは嚼むといった使い方がされます。どちらもこれを機に覚えておけるといいと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事