君子は危険を避ける聡明さを持つ

君子危うきに近寄らず

子供などに注意する際に、大人が使うのに重宝する故事が「君子危うきに近寄らず」です。これは、危険な場所などに行ってはいけないと言い聞かせる際、つい口癖のように出てしまいますよね。本来は、”君子”にも重要な意味があり、そこを理解せずに”危うき”ばかりを強調する場合も多いですよね。そこで、今回はより正確な詳しい意味や類義語なども取り入れ、解説させていただきます。

君子危うきに近寄らずの意味とは

”君子”とは、古代中国では地位の高い人とされ、学歴や人格が高いだけでなく徳も合わせもつ人物とされます。よって、日本語的な意味合いとしては、賢い人は最初から危険な場所や人には近づかないという事です。己の身を守るのは、己の行動であるという意味でも通じます。

君子危うきに近寄らずの由来

一説によると、中国の春秋時代の詩人であり哲学者・孔子の歴史書「春秋」が元とされています。そこには「君子不近刑人」という一文があり、これが「君子危うきに近寄らず」の元とされていますが、実際には違うようです。しかし、この間違った解釈が今でも信じられています。この説も踏まえて、現在でも正確な由来は分かっていません。

君子危うきに近寄らずの文章・例文

例文1.崖の上など危ない所には行かない。君子危うきに近寄らずの教えだ
例文2.君子危うきに近寄らずと中学生の息子に説教をした
例文3.凡人でも君子危うきに近寄らずの教えを守り、現在に至る
例文4.株など投資に大金を使うの人もいるが、私は君子危うきに近寄らずで一切取引をしない
例文5.道路での車の運転でスピードを出すのは、君子危うきに近寄らずを理解していない
君子危うきに近寄らずの意味から、どうしても注意喚起などの使い方が多くなってしまいます。また、最初から無難な行動をする際にも、その比喩として使われる事もあります。

君子危うきに近寄らずの類義語

君子危うきに近寄らずの類義語には、「危ない事は怪我のうち」「瓜田に履を納れず」「触らぬ神に祟りなし」などの言葉が挙げられます。

君子危うきに近寄らずまとめ

危険な場所や物や人などには近づかない、関わらないのが「君子危うきに近寄らず」の意味です。あまりやり過ぎると、真面目で面白みがない人間となりますが、賢い人はその一線を守るのが上手なのでしょう。自分の身を守るため、余計なリスクを背負う必要がなく、現代人ほどこの辺りのバランスを併せ持っているものです。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事