本音を吐露しているようす

吐露(とろ)

あなたは本音を周りに気兼ねなく話すことができますか。絆が希薄になっていると言われている現代において、本音を吐露することのできる間がらはなかなかいないのではないでしょうか。
しかし、そういった人がいることによって、内に秘めた思いが急にあふれることはほぼないと言えるでしょう。そういった関係の友達あるいはパートナーを作ることは自分のためにも良いのではないでしょうか。
今回は、「吐露」について詳しく見てみましょう。

吐露の意味とは

吐露とは、「心に秘めていることを隠さずに打ち明ける」ということを指します。簡単に言うと、「本音を言う」が同意としてあげられます。

吐露の由来

吐露の「吐く」は、「口から吐き出す」ということを指しています。「露」は「つゆ」と読むことができますが、「あらわにする、隠れていたものが姿を現す」という意味も含まれています。この二つを合わせることによって、「吐くことによって、隠れていたものの姿をあらわにする」という意味になるのです。

吐露の文章・例文

例文1.いつもは元気そうなあいつが、練習のつらさを吐露した。
例文2.吐露したことによって、周りの雰囲気も暗くなってしまった。
例文3.本音の吐露は、ときに知りたくないことも知ってしまうときがある。
例文4.吐露する相手も選んでおかないと、大変なことになる。
例文5.この吐露した内容が記事となって週刊誌に載っていた。
吐露をすることは、その本人が自発的日本ねを言うことに対して用います。

吐露の会話例

  • 質問者アイコン

    この会社って本当は、ダメなんじゃないのか?おれは、本当は怖いんだよ。本当は捕まるんじゃないかって怯えているんだ。

  • 回答者アイコン

    本音を吐露してくれてありがとうね。私も同じこと思っていたの。だから、私はもうやめようと思っているわ。

  • 質問者アイコン

    そんな、先輩がいなくなったら僕はもう耐えきれません。

  • 回答者アイコン

    だから、一緒に辞めましょう。大丈夫よ。私の知合いが私もあなたも拾ってくれるわ。

本音を吐露することによって、今までにその人が思ったことがない解決策が考えられるときもあります。

吐露の類義語

吐露の類義語として、「言表す」などがあげられます。

吐露まとめ

本音を吐露するといった風に用いられます。しかし、社会生活において、言えないことはたくさんあると思います。そして、ストレスがたまって気分が憂鬱になるといったことにならないように、ストレス発散方法を自分の中で見つけておきましょう。
そうすれば、ストレスがたまったとしても発散することによって気分が落ち込むことも少なくなってきます。そのストレス発散方法はひとぞれぞれです。読書もいいですし、ぼーっとすることもいいでしょう。
なにか趣味を持つこともよいでしょう。新年度になりますし、なにか探してみるのはいかがでしょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事