名古屋走りは危険

名古屋走り(なごやばしり)

交通事故によるメディアでもよく見かけますが、その理由の一つとしては自動車運転者の著しいマナー違反が事故が起こる理由としてあげられます。こうしたマナーが欠如した自動車走行でよく聞くのが「名古屋走り」です。この名古屋走りとはどういう運転を指しているのかを解説して行きたいと思います。

名古屋走りの意味とは

名古屋走りという名前がついてはいますが、名古屋市内よりは名古屋に隣接している近隣市で見られます。愛知県における交通マナーが欠如した運転が理由による交通事故が全国でも上位を占めているためにそのように呼ばれるようになりました。
その特徴としては、信号無視や速度超過、過度な車線変更や車線をまたいでの走行、車間距離が短いなど運転の荒さが複数あることが特徴です。

名古屋走りの由来

名古屋走り広く認知されるきっかけは、2012年に交通事故件数と交通事故死亡件数が全国でワースト1位となったことです。ちなみに2018年時点で、愛知県における交通事故死者数は15年連続ワースト1位です。

名古屋走りの文章・例文

例文1.名古屋走りは危険な運転だ
例文2.名古屋走りは、自動車運転におけるマナー違反の最たる例だ
例文3.名古屋走りをしないように気をつけて欲しい
例文4.名古屋走りは怖い
例文5.名古屋走りが原因による死亡事故は多い
危険な行為であることやそれによる被害などの使い方をします。次は会話文の中での使い方も見てみましょう。

名古屋走りの会話例

  • 質問者アイコン

    あの車、スピード出しすぎじゃないかな?

  • 回答者アイコン

    それにさっきから車線変更ばっかりしてるよね。
    なんか怖い。

  • 質問者アイコン

    ああいう名古屋走りをする人間がいるから、交通事故がなくならないんだよね。

  • 回答者アイコン

    モラルはちゃんと守って欲しいね。

名古屋走りというと、開けた道路や高速道路で言葉が出ることが多いのではないでしょうか。

名古屋走りの類義語

名古屋走り以外にも、「松本走り」や「山梨ルール」や「播磨道交法」といったような、運転に関してのいわゆるローカルルールがあり、物議を醸しています。

名古屋走りまとめ

実際に行なっている側からしたら、気分のいいものなかもしれませんが、それによって命を落とす人や被害にあった人からしたら、ただの迷惑でしかありません。そういった危険運転で死亡事故に発展した場合、実刑判決も十分にあり得るのでちゅうしたいところですね。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事