名勝(めいしょう)

名勝は、日本国および地方公共団体が芸術上または観賞上価値が高いとして指定した日本の文化財の一つです。皆さんも一度は名勝を訪れたことがあるのではないでしょうか。名勝に指定された場所はその状態や景観を守るため、手入れをされることが多いです。今回は、そんな日本に数ある名勝と呼ばれる場所について説明していきたいと思います。

[adstext]
[ads]

名勝の意味とは

名勝の意味は、日本国および地方公共団体が芸術上または観賞上価値が高いとして指定した日本の文化財の一つです。名勝と呼ばれる場所は数百個あるので観光する際は是非訪れてみるといいと思います。

名勝の由来

名勝の「名」は物事を区別して言い表す呼び方を表しており、「勝」は他のものより優れている様子を表します。このことから名勝は、名高く景色が素晴らしい場所を表す言葉として使われるようになったと考えることができます。

名勝の文章・例文

例文1.東京都の名勝である六義園を訪れる。
例文2.名勝は、普段では決して見ることのできない風韻ある景観を楽しむことができる。
例文3.今度、京都を訪れるときには名勝を巡りたいと思っている。
例文4.せっかく観光にきたのだから名勝に行かなければ損である。
例文5.自分の県の観光地が名勝に指定されて誇りに思う。
これらから名勝は、名勝とは景観の優れている場所を表すには最適です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

名勝の会話例

  • 質問者アイコン

    今度のゴールデンウイークは家族で京都に旅行に行こうと考えているんだよ。

  • 回答者アイコン

    それはとても楽しそうだね。どこに行くか決まっているのかい。

  • 質問者アイコン

    それがまだ決まっていないんだよね。ただ、名勝である金閣寺庭園は訪れたいと思っているよ。

  • 回答者アイコン

    そうか。せっかくの連休なんだから思う存分リフレッシュしてくるといいと思うよ。

これは、ゴールデンウイークに京都旅行にいくことを話している様子です。

名勝の類義語

名勝の類義語には、「景勝地」「行楽地」「百景」などがあります。

名勝まとめ

日本において名勝という言葉は、日本国および地方公共団体が指定した場所を示す言葉として使われることがほとんどです。単に景観がいいだけでは使われないので覚えておけるといいと思います。名勝は日本に多く存在し、どれも素晴らしい景観を楽しむことができます。興味がある人は一度訪れてみるといいと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事