吃驚をする小さな男の子

吃驚(きっきょう)

「吃驚」とは、「突然の出来事におどろくこと」、「おどろいて身体が動いてしまう様子」という意味を表しています。当て字となりますが、「吃驚」と書いて「びっくり」とも読みます。どちらかというと、「びっくり」の方が一般的に知られている読み方ですね。また、「吃驚」は「喫驚」とも書くことができ、同じ意味となります。

[adstext]
[ads]

吃驚の意味とは

「吃驚」の意味は、以下の通りです。
(1)突然の出来事におどろくこと。
(2)おどろいて身体が動いてしまう様子。
「吃驚」の「吃」は「どもる」とも読み、言葉が喉につかえる意味を表していて、「驚」はそのままで、おどろくことを意味しています。ふたつの漢字の意味を合わせると、「驚いて、言葉が出ない」ということになります。

吃驚の由来

「びっくり」は「びく」という擬態語から派生した言葉で、「びくびく」と細かく震えることや、「びくともしない」と全く動かず微動だにしないことなど、「かすかに動く」ことを意味しています。

吃驚の文章・例文

例文1.入社してきてから5年も経つが、君にはいつも吃驚させられるよ。
例文2.いつも0点だった生徒が、急に成績が上がったので吃驚した。
例文3.戦争映画で、急にミサイルが飛んできて爆発して、その音に吃驚した。
例文4.授業中に漫画を読んでいたら、先生に名前を呼ばれて吃驚してしまった。
例文5.登校中に、犬のいる家の前を通ったら、吠えられて吃驚した。
「吃驚」を使った例文となります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

吃驚の会話例

  • 質問者アイコン

    今日は早い時間から休憩だから、いつも行列のできるあのお店に行こうよ!

  • 回答者アイコン

    知らないの?あのお店は昨日潰れちゃったわよ。

  • 質問者アイコン

    え!?吃驚したわ!!!全然知らなかったよ。

  • 回答者アイコン

    先週から閉店するって貼りだしてたわよ。

「吃驚」を使った会話例となります。

吃驚の類義語

「吃驚」と関連する言葉には「気が動転する」「慌てふためく」「うろたえる」「狼狽する」「取り乱す」「あたふたする」などがあります。

吃驚まとめ

今回は、「吃驚」について説明しました。
意味は「突然の出来事におどろくこと」、「おどろいて身体が動いてしまう様子」ということで「吃驚」は「喫驚」とも書くことができ、「びく」という擬態語から派生した言葉でした。これまで「吃驚」は「びっくり」としか読めず、「きっきょう」と読むことは知らなかったので、勉強になりましたね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事