吃音症に悩む女性

吃音症(Stuttering)

昔の言葉でいうと、「どもり」などと言われている吃音。吃音症という言葉を聞いたこともないあなた。そういった人がいるということを知ることはとても大切なことです。
会話のタイミングというものはとても難しいものなのです。しかし、そのことを普通ととらえてしまうよりも、「そういった人がいる」ということを念頭に置いたほうがいいと思います。
そんな吃音症ですが、具体的にどのようなものなのか見てみましょう。

吃音症の意味とは

吃音症とは、言葉をなめらかに話すことができない状態のことを指します。子供の症状として吃音の傾向がみられる子も成長につれて軽減することも多々あります。
中には成人しても吃音に悩む方もいます。発達障害者支援法で定められる支援対象にも含まれ、周りの理解が求められます。

吃音症の由来

吃音症とは3つに大別でき、連発(語音・音節の繰り返し)伸発(引き伸ばし)難発(ブロック)があります。日本では100人に一人の割合でいることが確認されています。

吃音症の文章・例文

例文1.吃音症によってつらい思いをする人がたくさんいるだろう。
例文2.吃音症は、子供のころになっている人が多いことはあまり知られていない。
例文3.職場での吃音症の人への理解がないことが多いのが現状だ。
例文4.吃音症は、年月とともに改善されることもある。
例文5.日常的に吃音症になっている人に出くわすことも多いことから、珍しいことではないらしい。
人と話すときにテンポが速い人は特に気を付けたほうがいいでしょう。

吃音症の会話例

  • 質問者アイコン

    …あの、ここの書類について、…なんですけど、

  • 回答者アイコン

    え?なに、もうちょっと早く言ってくれない?もうすぐ出ないといけないんだけど。

  • 質問者アイコン

    こっちのことは俺がやりますから、ちゃんと彼の話を聞いてください。

  • 回答者アイコン

    (もしかして、この子吃音症だって言ってた子か。)悪いことしたわね。ごめんなさい。時間もできたから、あなたのペースで話して。

このようにして、吃音症の人に理解のある職場が多くなっていってほしいですね。

吃音症の類義語

吃音症の類義語として、「どもる」などが挙げられます。

吃音症まとめ

吃音症は、思っているよりもそういった症状に悩まされている人は多くいます。そんなときに、いらいらしたりすることや「自分の価値観がすべて正しい」、「その基準を下回る人はおかしい」といった固定概念はなくすべきです。
そういった行動はなかなか自覚症状がないので、自分自身に日々問いかけてみるのがよいでしょう。吃音症は成長するにつれて軽減することもあるので、子供に吃音症がみられても長い目でみてみましょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事