司法取引を行う心境

司法取引

日本では裁判を行った場合に非常に時間がかかる事が多く、結審までに多くの労力を伴う事も日本の司法制度で問題提起されていました。そんな中で2018年の6月から施工されたのは「司法取引」です。これはメリットだけでなく、デメリットも当然あります。司法取引の意味や由来、そしてメリット・デメリットについても説明をしていきます。

司法取引の意味とは

司法取引の意味とは、裁判の中で被告と検察が取引を行い、被告が罪を自ら認める、あるいは法廷で共犯者・共謀者を告発する、または操作に有益な情報をもたらす事、協力をする事で刑の軽減や罪状の取り下げを行う制度です。
今回は日本版・司法取引について説明をしていきますが、司法取引の対象となる事件は限定されています。脱税・談合・汚職などの経済犯罪と銃器、薬物の犯罪に限られており、殺人罪や性犯罪については被害者感情を考慮する必要がある為、対象外となっています。
司法取引においてはメリットとデメリットがそれぞれありますが、それらもまとめて覚えておきましょう。
[メリット] ・裁判費用と捜査費用の軽減
・重要犯罪の捜査に役立つ情報を得る事が出来る
[デメリット] ・冤罪を引き起こしやすい
・形を軽減する為に偽証が起こる可能性がある
・公正であるべき司法において取引は法の公正が損なわれる
簡単にまとめるとこの様なメリット・デメリットがあります。またアメリカの調査では免罪の15%が司法取引によるものであったという発表もあり、司法取引の是非については今もなお議論が続いています。

司法取引の由来

司法取引の由来はまだ日本では歴史は浅く、2016年5月に改正刑事訴訟法が成立して、2018年の6月1日から施行されました。
日本で司法取引が行われている事件は「三菱日立パワーシステムズ社員の贈賄事件」と「日産のカルロスゴーン元会長の金融商品取引法違反事件」の2件のみが適用となっています。
ただ日産の金融商品取引法違反事件については、コンプライアンスやコーポレートガバナンスの問題と経営陣へ司法取引をする事への社会の不信感があり、今後の動向が注目されます。

司法取引の文章・例文

例文1.司法取引する事で麻薬カルテルを壊滅させることが出来た
例文2.弁護士の力で司法取引を成立させて、実刑は免れた
例文3.日本版・司法取引については日弁連などの強硬な姿勢を取る団体も少なくない
例文4.議論がなされている司法取引ではあるが、巨悪を取締る意味では必要だ
例文5.司法取引において、罪が軽減されても社会的責任は問われる事になる
司法取引については、非常に取扱が難しく、高度な政治判断と司法の判断が必要となります。まだまだケーススタディがない為、これから経験やノウハウを蓄積していく事になるのでしょうが、良い形で司法の発展と犯罪減少につながる事が期待されます。

司法取引の類義語

司法取引の類義語として、似たような制度を取り上げていきます。「課徴金減免制度」「即決裁判手続」「自由刑裁量的執行停止」「略式手続」が挙げられます。

司法取引まとめ

司法取引は世間の注目を大きく集めています。日産のこの事件はどういった形で終結するのか、世界からも注視されています。ルノー社へのフランス政府の介入が噂されているなど、きな臭い点もありますが、日本の司法における新たな一歩として司法取引が有効活用される事が期待されます。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事