可処分所得

日本の景気回復に伴い各家庭の可処分所得向上が見込まれており、アベノミクスによって消費の拡大もありました。可処分所得とは一体どういったものなのか説明していきます。

可処分所得の意味とは

可処分所得の意味は給与やボーナス等から税金や社会保険料を引いた残りの手取り収入を指します。家系で自由に使えるお金、自由に処分が可能な所得と言う意味で可処分所得といいます。また家計の可処分所得は消費と貯蓄に分けられ消費性向貯蓄性向とも言われます。実際にローンで家を買う、車を買うなどの場合においては、可処分所得を基準に返済計画を練っていく必要があります。

処分所得の由来

可処分所得の由来は経済指標の1つとして扱われています可処分所得の推移を見ることで現在の経済状況がどうなのか過去と比較してどうなっているのか未来どうなっているのかと予測を立てるための指標です。この指標を正しく把握して、自分自身のスキルアップや収入アップについても、考えておくべきです。

可処分所得の文章・例文

例文1.可処分所得の日本の平均は向上している
例文2.可処分所得は簡単に言うと手取り額のことだ
例文3.可処分所得は消費性向貯蓄性向に分けられる
例文4.源泉徴収票を見て可処分所得を確認する
例文5.可処分所得の把握は社会人のマナーだ
可処分所得と言う言葉だけを見ると分かりにくい側面もありますが、給料から税金や社会保険国民保険等を引いた、手取り額と理解するとわかりやすいでしょう。

可処分所得の類義語

可処分所得の類義語としては「手取り額」が挙げられます。また関連する言葉としては「消費性向」「貯蓄性向」が挙げられます。「消費性向」は可処分所得の中で消費にあたる部分を指し、「貯蓄性向」は貯金にあたる部分を指します。

可処分所得まとめ

可処分所得は家計の財政に直結する数字であり、大事な指標のため家族がいる方はもちろん、独身の方若い方であってもしっかりと理解しておくことが重要です。可処分所得は実際に自分が使えるお金になるので、その点でしっかりと管理をしておきましょう。

この記事を読んでいる人に人気の記事