未来を見据えた叡智なる眼差し

叡智(えいち)

皆さんはどれだけ自分の知識に自信がありますか。それぞれ得意な分野や、苦手な分野があるかと思います。得意な分野であれば、怪しい情報にすぐ気づけるかもしれませんが、全く別の畑である場合はどうでしょうか。そんなときに頼るべきはやはり専門家ですよね。今回はその専門家らが持つ優れた知識を表す、「叡智」という言葉について解説していきたいと思います。

[adstext]
[ads]

叡智の意味とは

「叡智」は、物事の本質を見て、賢く物事を判断することができる優れた知恵を意味しています。「叡智の結集」「人類の叡智」「叡智の結晶」などという使われ方をしますね。

叡智の由来

「叡智」の「叡」は聡明な様と皇帝や天子の行いに敬意を表すを意味含んでいます。「智」とは、物事を判断する能力を意味します。この二つが合わさることで、本質を見極めて賢い判断ができる知恵という意味の「叡智」という言葉ができています。

叡智の文章・例文

例文1.専門家らの叡智を集結してもなお、答えは出なかった。
例文2.この優れた作品は関係者全員の叡智の結晶である。
例文3.的外れな発言ばかりする彼からは、叡智のかけらも感じられない。
例文4.彼は叡智を持たないながらも、誰もが最前だと思える対応をした。
例文5.専門家の叡智に頼ることが一番の近道だ。
SNSでは毎日のようにフェイクニュースが流れていますが、「叡智」を持たない私たちはせめて、日頃から情報を疑う癖をつけておきたいものですね。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

叡智の会話例

  • 質問者アイコン

    見て!少し前に話していた作品ができたんだよ!

  • 回答者アイコン

    おめでとう。確か地球温暖化に関する本だったっけ?

  • 質問者アイコン

    そうだよ。色々な専門家から情報を集めた、まさに叡智の結晶だよ。

  • 回答者アイコン

    凄いわね。早く書店に並ばないかしら。

「叡智の結晶」これが一番よく聞く「叡智」を使った言葉ではないでしょうか。

叡智の類義語

「叡智」の類義語には、「知恵」や「聡明」「英知」「叡知」「才気」「分別」などが挙げられます。

叡智まとめ

今回は、物事の本質を見定めて、賢く判断できるだけの知識という意味の、「叡智」という言葉を紹介しました。今や、技術の進歩によってインターネットが広く普及し、容易に専門家らの叡智に触れることができます。スマホでゲームをするのも楽しいですが、情報収集のツールとしてスマホを活用してみてはいかがでしょうか。とは言っても、このページを見ている時点で皆さんは学習意欲のある方だと思うので、心配はいらなさそうですね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事