受け子(うけこ)

「受け子」とは、振り込め詐欺やオレオレ詐欺などで、被害者と直接現金などを受け取る役のことです。高額のアルバイトを謳い文句に中学生など未成年者でも詐欺に加担してしまうということが起きています。そんな振り込め詐欺などに関わる「受け子」について解説していきます。

[adstext]
[ads]

受け子の意味とは

「受け子」とは、振り込め詐欺やオレオレ詐欺などの犯罪において、被害者と直接会って現金などを受け取る役のことです。振り込め詐欺などは、詐欺集団の主犯である「主犯格」の他に、被害者に電話をかける「掛け子」、被害者から現金やキャッシュカードを受け取る「受け子」、だまし取った現金を預金口座から引き出す「出し子」がいるパターンが多くあります。「受け子」は警察などが被害者を装う“騙された作戦”では一番最初に捕まります。

受け子の由来

「受け子」とは、詐欺集団の中で現金などを受け取る役を指す隠語として用いられています。特に、警察が取り調べを行う際などで使われます。

受け子の文章・例文

例文1.未成年者でも受け子になってしまうケースがある。
例文2.一度でも受け子をしてしまうと犯罪者になるから注意が必要だ。
例文3.高時給などを謳うアルバイトは、受け子などの詐欺の可能性がある。
例文4.詐欺の被害者を減らすためにも、受け子の特徴を知っておく必要がある。
例文5.受け子は詐欺の中でも最前線の役であるため、逮捕されるリスクは高い。
「受け子」についての例文でした。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

受け子の会話例

  • 質問者アイコン

    最近、20歳前後の若年層が高額な報酬などに騙されて、受け子のアルバイトをしてしまうケースがあるみたいよ。

  • 回答者アイコン

    それは大変だね。

  • 質問者アイコン

    だからそういう怪しい勧誘などには手を出さないよう教育していく必要があるね。

  • 回答者アイコン

    そうだね。誰でも気づかぬうちに加害者になってしまうことがあるから気を付けないとね。

「受け子」についての会話例でした。明らかに高時給などで怪しい勧誘には、気を付けなければいけないですね。

受け子の関連語

「受け子」の関連語は、「かけ子」「受け子」「出し子」などです。

受け子まとめ

「受け子」とは、詐欺などで被害者から現金やキャッシュカードなどを受け取る役割のことでした。未成年者でも加害者になってしまうというケースもあるので、注意が必要ですね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事