反日不況(はんにちふきょう)

これまで”反日”や”反日教育”は聞いた覚えがあると思います。日本は東アジアの国々とは関係が悪いので、韓国だけでなく北朝鮮や中国もこれらの言葉を使って、自国民に敵対心を煽る事があるからです。しかし、今回は韓国がホワイト国から除外され、そこで日本製品の不買運動が始まったのですが、それが仇となって韓国国内が不況に陥っているのが「反日不況」です。韓国経済はこのまま衰退するのか、そして日本にも波及するのか等を含めて解説となります。

反日不況の意味とは

「反日不況」の意味は以下の通りとなります。
 (1)日本によるホワイト国除外を受け、韓国国内で販売されている日本製品の購入ボイコットを決行した結果、韓国経済が悪くなってしまう事。
 (2)韓国経済は大企業依存度が高く、また輸出によって経済を支えている。日本が「輸出規制」に踏み切った事で、韓国はフッ化水素を輸入し難くなりサムスンなどが半導体製造で苦境に立たされると予想され、それが韓国経済全体に対して不況を誘発すると心配されている。これらの一連を「反日不況」と呼ばれている。

日韓関係の対立により、韓国では日本製品の不買運動が盛んになり、国民の半数程度は日本ブランドの品々を購入しない勢いが続いている。しかし、韓国で販売されている大多数の製品は日本ブランドで、部品まで広げると日本製品はあまりにも多く、また単純に日本製品を買わないのは小売店の売上減少だけでなく、韓国製品では選択肢が少なく、他国品では単価が高いなど構造的な問題が噴出している。そもそも、工業製品の部品なども日本への依存度が異様に高いので、日本排除はできないにも関わらず、ホワイト国除外がプライドを傷つけられ、日本憎しで後先考えずに行動しているのが、今の韓国政府と多数の国民である。その結果、9月になるとプサンとソウルの市議会では、公共機関が日本製品を購入しないよう努力する条例が可決されるほど、日本バッシングが続いている。

反日不況の由来

これまで、反日政策や反日教育、さらに反日主義や反日感情などは頻繁に見聞きする機会がありましたが、「反日不況」が登場するようになったのは今年(2019年)8月に入った頃からです。それまでは、反日不買運動とメディアが伝えていたのですが、いつからか韓国の実体経済が悪いので、その流れで”反日”と”不況”を合わせた「反日不況」が登場するようになりました。そもそもの「反日」という言葉は、中国・韓国・北朝鮮の東アジア三カ国が有名だが、かつては1980年代から90年代までは日本の経済良さもあり、欧米で日本や日本企業を毛嫌いする感情が存在したが、徐々に消え始め現在はないに等しい。しかし、東アジア三カ国は企業や文化だけでなく、第二次世界大戦前後の侵略や統治の苦々しい記憶があるので、反日教育や反日政策などを徹底しているのが現在も色濃く残っている。日本企業が韓国や中国には進出していても、時には反日デモや破壊活動で建物窓ガラスが割られるなど、被害を受けるほどだ。今回の韓国による反日や「反日不況」は、根底にはこれらも影響しているが、文大統領自身が徹底的な反日で日本嫌い、北朝鮮の親北派であり、さらに前大統領の朴氏とは反対の方向で舵を取るので、より一層反日へとシフトしている。

反日不況の文章・例文

例文1.反日不況の韓国を笑っているが、日本も不況なのは変わりない。
例文2.反日不況が長引くと、日本にも影響が出てくる。
例文3.日本政府は静観なので、韓国が態度を変えないかぎりは反日不況は改善される事はない。
例文4.若い世代は韓国芸能人やファッションなどが大好きなので、反日不況と言われてもピンとこないらしい。
例文5.反日不況で日韓が冷え込む中、日本と中国は最近良好になりつつある。

「反日不況」を使った風刺的な例文となります。

反日不況の会話例

  • 質問者アイコン

    韓国国民の熱さを見ていると、驚くと同時に辟易とするよね。

  • 回答者アイコン

    韓国人一人ひとりは良くても、国や集団になると、何であんなに豹変し反日大合唱になるのか、日本人には理解できないよね。それで、今は蒔いた種によって反日不況の懸念があるんだよね。笑えるよね。

  • 質問者アイコン

    日本って地理的に見ると、北や西に民主主義の国がないんだよね。一応、韓国はそうだけど実態は違うし、後はロシアや北朝鮮に中国だものね。不安だよ。

  • 回答者アイコン

    大丈夫。希望の星として、香港や台湾があるから。

「反日不況」から東アジアやロシアへの不安感、そして香港などについての会話となります。

反日不況の類義語

「反日不況」の類義語には、「反日不買」「反日教育」などの言葉が挙げられます。

反日不況まとめ

「反日不況」は韓国が陥った、自業自得的な様相があります。発端としては、日本がホワイト国から除外した事を受けて、韓国で一大日本バッシングが過熱し、その流れから反日による日本憎しで日本企業の製品なども購入しない不買運動が盛んになりました。これらは日本経済や日本企業に対する売上減少というダメージを狙った愛国心からなる行動ですが、結果的には韓国の小売店などは売上減少となり、大企業に依存度が高いのでサムスンなどが日本から半導体製造に使うフッ化水素が輸入制限されると、逆に自国経済が大ダメージとなる「反日不況」に陥る可能性が高いのです。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事