危険手当を受け取りつつ医療業務にあたる

危険手当(きけんてあて)

「危険手当」という言葉を最近よく耳にします。この言葉を聞いて、どういったものを想像しますか?今回はそんな「危険手当」について詳しくご紹介していきます。

[adstext]
[ads]

危険手当の意味とは

「危険手当」とは、業務を行う上で身の危険が伴う可能性がある際に、通常の給与とは別に支給される手当のことを指します。
例えば、新型コロナウイルスの流行により、病院などの医療機関で働いている方々は感染のリスクが高く極めて危険とされ、危険手当支給の対象になります。他には高所で作業する場合などの手当としても危険手当は払われるケースが多いのです。

危険手当の由来

「危険手当」は、身の危険が伴う可能性のある業務を行う場合、通常の給与のみの支給では適当でないと認められた際に給与とは別で支給されます。この手当の金額は業務の内容や危険性によって異なります。今回の新型コロナウイルス感染症の影響により、医療機関をはじめとする感染のリスクが高い環境下で働く人たちへの危険手当の支給を求める声が各地であがっています。

危険手当の文章・例文

例文1.ある企業では在宅勤務が困難な従業員に危険手当を支給するようだ。
例文2.危険手当の金額について問題視されている。
例文3.危険手当を支給する民間企業が増えている。
例文4.最前線で働く人たちに危険手当を支給するのは当然のことだ。
例文5.介護職の危険手当が支給可能になった。
医療機関をはじめ様々な職種で危険手当というものが支給されることがあります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

危険手当の会話例

  • 質問者アイコン

    今回のコロナの影響で医療従事者には危険手当が支給されるみたいだね。

  • 回答者アイコン

    うん。手当だけでなく、家に帰れない医療従事者たちのためにホテルも開放されていたりするんだ。

  • 質問者アイコン

    多くの企業が支援してるんだね。僕らも感謝しなきゃ。

  • 回答者アイコン

    そうだね。

最前線で戦う人たちがいるからこそ、安全に暮らすことが出来ているといって過言ではないです。

危険手当の類義語

「危険手当」と関連する言葉には「特殊勤務手当」「ハイリスク」などがあります。

危険手当まとめ

今回は「危険手当」についてご紹介しました。
感染症や災害が起こってもわたしたちが不便なく暮らせているのは、最前線で働いている人たちのおかげといってもよいでしょう。
また、海外では危険手当が支給されるほか、一般の市民が特定の時間になると一斉に拍手をして医療関係者たちに感謝をするなどといった習慣もあるようです。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事