遠いゴールに向けて、千里の道も一歩からと信じて歩く

千里の道も一歩から(せんりのみちもいっぽから)

千里の道も一歩からとは、どんなに物事で成功するためには、一歩目ずつ着々と努力していくことが大切であるということです。日々の積み重ねは本当に大事です。何か物事に打ち込むときに、毎日同じことをしていると昨日の自分と変わらないのではないかと感じてしまうこともあります。ですが、気の遠くなるようなことでも一歩ずつ着実に成長しています。そんな、千里の道も一歩からという言葉についてみていきます。

[adstext]
[ads]

千里の道も一歩からの意味とは

千里の道も一歩からの意味は、どんなに物事で成功するためには、一歩目ずつ着々と努力していくことが大切であるということです。また、どんな道長い道でも一歩目があるということを意味することもあります。その一歩を重ねていくことで千里に辿りつくのです。

千里の道も一歩からの由来

千里の道も一歩からの由来は、老子が説いた教えにあります。そのことから転じて、千里の道も一歩からといってどんなことでも地道な積み重ねが大切であるということを意味する言葉として用いられるようになったと考えられています。

千里の道も一歩からの文章・例文

例文1.千里の道も一歩からというようにどんなことでも誰だって最初は、初心者である。
例文2.始めの一歩を踏み出してからもう数週間立つがあまり、成果が見られないが、千里の道も一歩からという言葉を念頭において精進する。
例文3.人生の始まりは、千里の道も一歩からの一歩目を歩みだした瞬間である。
例文4.どんな大きな目標でも千里の道も一歩からというように毎日努力を欠かさない彼女は達成してしまうだろう。
例文5.千里の道も一歩からと言うようにまずは始めてみなければなにも変わらない。
これらから千里の道も一歩からという言葉はどんな大きな目標だろうと達成するには、日々の地道な積み重ねが大事だという様子を表すことができます。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

千里の道も一歩からの会話例

  • 質問者アイコン

    この前の大会では、見事優勝することができて本当によかったよ。

  • 回答者アイコン

    そうだね。毎日、朝練や放課後の練習を欠かさず頑張っていた結果だね。

  • 質問者アイコン

    始めた当初は、優勝なんて夢にも思わなかったよ。千里の道も一歩からとはまさにこのことだね。

  • 回答者アイコン

    まさにって感じだね。優勝おめでとう。

彼らは先日行われた大会で優勝できたことについて話しています。

千里の道も一歩からの類義語

千里の道も一歩からの類義語には、「大海の水も一滴から」「高きに登るには卑きよりす」「百里の道を行くに九十九里をもって半ばとせよ」などがあります。

千里の道も一歩からまとめ

千里の道も一歩からというように日々の積み重ねが実を結ぶということは何事にも言えることです。継続は力なりと言うようにその人が日々積み重ねた努力や経験はその人の血肉となり、大きな自信に繋がります。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事