今は常に変わる千変万化な時代だ

千変万化(せんぺんばんか)

皆さんは千変万化という言葉を聞いた事がありますか。文字で見てみると、漢字からどんな意味なのか想像つく方もいると思います。まさしく、これからの世の中に関係してくる言葉といえます。それでは詳しく意味を見ていきましょう。

[adstext]
[ads]

千変万化の意味とは

千変万化の意味とは、様々に変化する事、状況などが変化し続ける事を表します。この言葉の良い所は、使えるシチュエーションの幅が広いことです。変化し続けているという状況であれば、物事や環境、多種多様な場面で用いられる言葉です。その為、普段使う事が少ない言葉ではあると思いますが、この機会にこの言葉を覚えて使ってみるのも良いでしょう。

千変万化の由来

この言葉は西暦500年代に中国の哲学者である列禦寇の著書『列子』より生まれました。職人が人間のように動いて見える人形を作り、王様に持っていき、王様はその人形を気に入り喜んだという話です。王様の望むように、変化し動き続ける人形の様子を『千変万化』と言われ、今では状況や物事が変化する時に使われるようになりました。

千変万化の文章・例文

例文1.この世界は千変万化である。
例文2.人の考えは、千変万化するので予想がつかない。
例文3.車窓から見た景色は千変万化でとても美しかった。
例文4.千変万化の日々を送っていたが、とても充実していた。
例文5.時代に合わせて、千変万化し成長して行く。
色々な場面で使えるとても便利な言葉ですね。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

千変万化の会話例

  • 質問者アイコン

    今の時代は本当に凄いよね。AIや人工知能などが発達してきて、大きな変革が起きそうだね。

  • 回答者アイコン

    そうね。これからは、AIや人工知能の波によって人の働き方が変わっていく事は間違いなさそうだもんね。

  • 質問者アイコン

    そうだね。まさしく千変万化な世界になるね。

  • 回答者アイコン

    今までの常識が通用しない世の中になっていくかもね。

このように、千変万化な世の中になっていく事は間違い無いですね。私たちもAIに仕事を取られないように勉強し、成長していく必要がありますね。

千変万化の類義語

類義語には、「二転三転」や「万物流転」、「生々流転」などがあります。

千変万化まとめ

目まぐるしく状況が変っていく今の世の中に、まさしくマッチした言葉が千変万化と言えるでしょう。人工知能やロボットや進歩し続けている事は我々にとって、便利な世の中になっていくという事でもありますが、一方で雇用の減少や消費者のニーズと共に、世の中の求めている人材も変化していくでしょう。千変万化なこの世の中を生きる為には、その需要がどこにあるのかを判断して自分を高めていく事が必要不可欠となっていく事となるでしょう。難しい言葉ですが、皆さんもこれから使ってみてはいかがでしょうか。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事