医療崩壊を感じさせる場面

医療崩壊(いりょうほうかい)

現在コロナウイルスが世界中で問題となっています。未曾有の事態に世界各国で対応が後手後手に回っており、医療従事者の負担も増大しています。
またそれにともない現在の医療現場での問題が報道され、医療崩壊という単語が度々目にするようになったので調べてみたいと思います。

[adstext]
[ads]

医療崩壊の意味とは

下記のような理由により、医療機関が正常に機能しなくなっていることを言います。
・医療費の削減による病院経営の悪化。
・過酷な労働環境による医師のモチベーションの低下。
・医療ミスによる訴訟の増加にともない、治療困難な患者を避けるようになっている。
・患者に対する医療従事者の割合の低下。
現在はまだ日本国内において、医療崩壊は起きていませんが、もちろんこれには医療従事者の高い意識と知見がある事を忘れてはいけません。

医療崩壊の由来

日本では1990年代後半ごろに医療従事者の間で、医療政策・医療行政による医療費の抑制を問題視するようになりそれに伴いできた言葉です。

医療崩壊の文章・例文

例文1.医療崩壊は重大な社会問題である。
例文2.医療崩壊の現状が明るみにでてきた。
例文3.医療崩壊を阻止するためにはどうすれば良いのだろうか。
例文4.医療崩壊という問題はいまだに解決できていない。
例文5.できるだけ早く、医療崩壊に対処すべきである。
この問題は日本だけでなく世界中で同様のことが起きているのが報道されていますね。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

医療崩壊の会話例

  • 質問者アイコン

    コロナの感染者が世界中で増加してきたけれども、特にイタリアでは凄いことになっているね。

  • 回答者アイコン

    そうだね。感染者の急増している地域では、医療器具や医師自体が不足してまって治療が追いついていないようだよ。

  • 質問者アイコン

    それを医療崩壊と言うんだけれどど、イタリアだけでなく日本でもコロナウイルスが話題になる前から、問題となっているんだ。

  • 回答者アイコン

    そうなんだ。コロナを治療できる医療機関も限られているだろうから、もし日本でも本格的になってきてしまうと思うと怖いね。

この問題は日本だけの問題ではなく、世界規模で大変な事態になっている事をしっかりと認識しておきましょう。

医療崩壊の類義語

医療崩壊の類義語としては、ちかいものはありませんがこの原因となる「コロナショック」や「パンデミック」「クラスター」などは関連する言葉と言えるでしょう。

医療崩壊まとめ

現在の日本では、全ての現場でではないでしょうがこのようなことが起きてしまっているのが現状としてあるようです。
しかしこれは医療機関側だけの問題だけでなく、私たちの方でも予防をすることによって医療関係者の負担を減らすことができます。なのでうがい、手洗いをしっかり適度な休みをとりましょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事