前広に準備する人たち

前広(まえびろ)

「前広」という言葉をご存知でしょうか?先日の衆院予算委員会で、安倍首相が使ったことで話題になりました。聞き馴染みのないこの「前広」はどういった意味を持つ言葉なのでしょうか?今回はそんな「前広」について詳しくご紹介していきます。

[adstext]
[ads]

前広の意味とは

「前広」とは、「前もって」や「あらかじめ」などを指す言葉です。

前広の由来

「前広」は元々明治時代以前の書物などで主に使われていた言葉ですが、近年では、ビジネスの現場などで使われることが多い言葉です。
「ある時点よりも前の時の広がり」という意味から「あらかじめ」「前もって」「事前に」という意味が派生したと言われています。
また、「時間に余裕を持って行動する」などの意味でも使われることが増えています。

前広の文章・例文

例文1.変化していく世の中で前広に様々な選択肢を考えることが重要だ。
例文2.大きな災害に備えて前広に準備をしておく。
例文3.前広に検討をお願いいたします。
例文4.料理をする前に前広に調味料を混ぜる。
例文5.来週から旅行に行くので今から前広に準備を済ませようと思う。
前広に行動することはとても重要なことです。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

前広の会話例

  • 質問者アイコン

    今回の課題難しそうだね・・・。もう躓いてるよ。

  • 回答者アイコン

    そうかな?わたしは前広に色々と調べておいたからもうすぐ終わりそうだよ。

  • 質問者アイコン

    え!?すごいね!終わったら見せてほしいな・・・・。

  • 回答者アイコン

    明日のランチ奢ってくれるなら検討します~

日常会話ではあまり使われない言葉かもしれませんが、ビジネスの現場などでは使われることが多いようです。

前広の類義語

「前広」と関連する言葉には「予め」「前もって」などがあります。

前広まとめ

今回は「前広」について詳しくご紹介していきました。
一見すると意味を想像することが難しい言葉かもしれませんが、ビジネスの現場などでは使われることが多いので、今回を機に読み方も意味も覚えておくと良いでしょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事