利益相反取引の発覚

利益相反取引(りえきそうはんとりひき)

利益相反取引とは、一方にとっては利益になることを指し示しますが、その一方でもう一方の者は、利益を損なうことになってしまう状況を指し示します。取引先にとっては不利益を及ぼしてしまう状態であると言えます。依頼した側については、有利になるけれども、依頼された側については不利になる条件となり不利益を被ってしまうことなのですが、その場合に、中間となる代理人が居た場合については、利益が相反してしまう事態にどのように向き合って対処していくのかが重要になってくる部分であると言えます。

利益相反取引の意味とは

利益相反取引の意味とは、利益相反と言えばごくごく当たり前の日常である光景であるかもしれません。私が単純に思う利益相反取引であれば、本当にごくごく単純明快に考えてみますと、どちらかが勝って、どちらかが負けると言う図式として表現するならば、ジャンケンが一番良い例であると思います。ジャンケンと言う行為をしたことにより、勝った方が利益を得て、負けた方が不利益を被ってしまう結果になりますので、この図式では、利益相反取引が成立するのではないかと思います。

利益相反取引の由来

利益相反取引では、お互いが業務を行っている前提として、お互いがそれぞれ一つづつの役割を持っていることで、その二つの役割について、二つの役割は、当然異なります。二つの異なる役割からお互いのどちらかが利益と得て、お互いのどちらかが不利益を被ると言う形になりますが、由来としては、ベンチャー等事業において、利益と不利益が発生する場面が多かったことから想定された文言であると思われます。

利益相反取引の文章・例文

例文1.今日の会合で利益相反取引について、我が社と契約先企業での利益相反取引についての進め方が提示された
例文2.本日の取締役会で、先般の利益相反取引についての報告を実施した
例文3.私が通う大学においても、利益相反取引となる様な形が発生している要因が少なからずある
例文4.取締役である個人と会社の執行機関と言う二面性を二つの顔を取締役は持つ形になるので、慎重な行動が求められる
例文5.利益相反取引となる行動はビジネスの世界ではタブーだ
ビジネスの世界では利益を損なわない為に、退職時に競業禁止の誓約書やNDAの契約書を締結するケースもあります。競業避止義務というルールがありますので、立ち振る舞いには十分な注意が必要です。

利益相反取引の類義語

「利益相反行為等」が挙げられると思います。また、言葉としては、ありませんが、正式な対義語としましては、「利益併存取引」と言うのが相応しいと思われます。

利益相反取引のまとめ

利益相反取引では、一般的な取引だけに留まらずに会社内であっても、利益相反取引と言う形で、取締役が二つの顔を持つことから起因する利益相反も発生するので、ですので、単純に考えますと、牽制役と言う形で第3者となる、監査役や、少し違う形になると思いますが、外部から見守ると言う意味で相談役等が設けられているのであるのだなと思いました。その規模は、組織の規模が大きければ大きい程拡張される形になり、監査役の人数も当然、多くなります。巨額な資金が発生し、毎日取引されるからこそ、利益相反取引に関しての監査役が牽制役として必要になってくるでしょう。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事