分科会で新型コロナウイルスの対策について考える

分科会(ぶんかかい)

最近新型コロナウイルスの影響で政府が対応に追われていますが、よく政府の人が分科会の意見を求めると言った記事が上がりますが、一体この分科会とは一体なんなのでしょうか。かなり政府が判断するにあたってとっても重要なものなので理解しておくといいでしょう。

[adstext]
[ads]

分科会の意味とは

分科会とは、何かの議題に対して専門的なものの研究や意見を交えて討議を行う会議の事です。普通の会議と違う点は、元々何かの大きな会議が存在し、そこで生まれた議題について深掘りしていく議題という事です。字の通り何かの会議から派生して生まれた会議なのです。最近でも問題になっている新型コロナウイルスですが、このウイルスに関する大きな会議があり、その会議で問題として挙げられた議題をさらに専門的に分かれて議論するといった事です。研究者たちが専門的に会議を開くという事ですね。セミナーや講義というものがありますが、大きな違いは分科会は独立しておらず、何かの派生して生まれたものである点です。セミナーや講義は単体でも成立しますのでそこが大きな違いになります。

分科会の由来

分科会は、何か大きな会議の中で生まれた問題をさらに専門的に会議するために行われるようになりました。
直近の例だと、新型コロナウイルス感染症対策専門家会議が7/3付で新型コロナウイルス感染症対策分科会が設立されました。しかし、こういった経緯の説明が国民に不足している事は強く感じているのではないでしょうか。

新型コロナ分科会・内閣官房発表
こちらが新型コロナ分科会の7/6付の発表で、こういったものをしっかりと読み、マスコミの報道だけを鵜のみにしない様にして、正しい情報の取捨選択が求められるでしょう。

分科会の文章・例文

例文1.分科会で研究者たちがワクチンのことに関して議論する。
例文2.分科会では大元の会議で出た問題をより専門的に会議で議論する。
例文3.分科会は長期のスパンで行われる事は少ない。
例文4.分科会と講義には独立性の違いがある。
例文5.政府が新型コロナウイルスの会議を行いその中での問題を分科会で議論する。
何か大きな問題、難しい問題の場合はより専門的な知識が必要になるため分科会が設けられているのだとわかりますね。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

分科会の会話例

  • 質問者アイコン

    この前政府が新型コロナウイルスの対策に関して分科会に意見を求めたらしいよ。

  • 回答者アイコン

    ウイルスに関する事はより専門的な分野だから政府の人では判断できないもんね。

  • 質問者アイコン

    その通りだね、いつワクチンができるかこのままいくとどういうペースで感染が広がっていくのか専門的な事がかなり重要になっていくからね。

  • 回答者アイコン

    その議論の結果で私たちが今後どのように行動するべきなのかわかるよね。

分科会がどれだけ重要なものなのかがこれでわかったと思います。

分科会の類義語

分科会の類義語には「作業部会」「講義」「セミナー」「分散会」などがあります。

分科会まとめ

これで分科会はいかに重要な位置づけのものかわかったと思います。何かと災害や震災、コロナウイルスなど問題が山積みだからこそこういった会議が重要になっていきますよね。これからのウイルスの対もこの分科会の意見に注目して対応していきましょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事